アクセス数
プロフィール

すずかパパ

  • Author:すずかパパ
  • 【すずか】
    10歳の女の子です。小学4年生になりました。食物アレルギーのアトピーで通院中です。

    【たくや】
    6歳の男の子。毎日 幼稚園に元気よく通ってます。

    【パパ】
    モータースポーツ大好き、この歳になっても野球を続けているサラリーマンです。

    【ママ】
    毎日、子供達の世話に奮闘中。
月別(表示数指定)
CATEGORY+
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

コメント ありがとう!!
データ取得中...
リンクしました
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事

2018.11.25    カテゴリ:  お出かけ 

   今日はデート...

今日は奥さんとデート。

という名の、半分仕事みたいな感じでしたが(;^ω^)

会社の労働組合で周年記念誌を作成するということで、大阪をイメージする写真が欲しいと無理難題をいただきました。
それで奥さんを連れて散歩がてらに撮影へ。

まずは あべのハルカスへ。
どこから見るハルカスがきれいなのかなぁと悩みながら散歩。

そこから新世界経由で通天閣へ。
これも どこからがいいのかと右往左往してました。

そこからミナミへ。
道頓堀らしい写真を求めて行きましたが、とてつもない人の数で撃沈...

本当は京セラドームへ行こうと思ったんですが、今日は大阪マラソンだということを忘れていて移動できず、ここで終了。

ま、たまの奥さん孝行できてよかったかな(;^ω^)

20181125_001B.jpg 

20181125_004B.jpg 

20181125_005A.jpg 


2018.10.24    カテゴリ:  モータースポーツ 

   2018 MotoGP Grand Prix of JAPAN

3回目のツインリンクもてぎ。
2輪の世界最高峰 MotoGP。
世界最高のレースを見せてくれて、Hondaの地元 もてぎで 7回目のチャンピオン誕生を見ることもできました。

久しぶりに会う仲間との楽しい時間。三日間が あっという間に過ぎ去りました。
仲間との話は僕にとっては大きな、そして重要な話が多く、本当に感謝しかありません。
これで一つ前に進むことができたかどうかは分かりませんが、また撮影が楽しくなったかなぁ。

もてぎまでの12時間の道のりも順調。滞在期間中も東の重鎮のおかげで楽させてもらって。
帰りの道のりも順調やったけど、さすがに睡魔には勝てず、途中のサービスエリアで朝を迎えて ゆっくり帰ってきました。
僕のわがままも聞いてくれて、みんなとの楽しい時間を満喫させてもらって、本当に皆さん ありがとうございました!

20181022_0221.jpg 
20181022_0241.jpg 
20181022_0181.jpg 
20181022_0281.jpg 


2018.10.18    カテゴリ:  たっくんの日記 

   祭馬鹿

2018年の地区の秋祭りは、昨日の宮入りですべてが終わりました。
私は仕事の都合で宮入は参加できず、10月6~7日の秋祭り、連合パレードに、3年ぶりに担ぎに行きました。

今年は もう一つ特別なタイミングでした。
息子くんが子供会として最後の祭りへの参加。
だんじりを引っ張って、太鼓を叩いて、大きな声で掛け声出して。
台風の接近が心配されたこともあって、子供たちみんなでテルテル坊主を作って、みごと祭り期間中は快晴!

私は地の人間じゃないんで、今の地に引っ越ししてきてから祭りに参加してました。
練習や太鼓台の飾りつけに行くときに息子を連れて行ってましたが、そんな息子が祭馬鹿になるとは、正直思ってなかったんです😅

すっかり青年団や大人の同志会の方にも顔を覚えられて、このままいくと本物の祭馬鹿になるんでしょうね。
来年からは上下関係もある青年団として、ますます祭馬鹿になってもらいましょう😁


20181008_0181.jpg 

20181008_0521.jpg 

20181008_0191.jpg 

20181008_0981.jpg 



2018.09.29    カテゴリ:  お出かけ 

   西国三十三か所 第十四番札所  長等山 園城寺[三井寺]

大津の長等山中腹に広がる三井寺。その広大な境内の南端に第十四番札所の観音堂がある。

天台密教が息づく厳かな伽藍中心部に比べ、観音堂はのどかで庶民的な雰囲気が漂う。

創建は古く飛鳥時代にまで遡る。朱鳥元年(686年)に弘文天皇(大友皇子)の子、大友与多王が「荘園城邑」を寄進し、堂宇を建立したのが始まり。



石組みで名高い穴太の石工たちが築いた石垣を見ながら参道を進む。

境内でひときわ威容を放つのが金堂(国宝)。七間四方の大堂で慶長4年(1599年)に北政所が再建したと伝わる。
金堂前の鐘楼は近江八景の一つで名高い「三井の晩鐘」。弁慶ゆかりの「弁慶の引き摺り鐘」も残されている。

金堂の向かって左には霊泉の湧き出る閼伽井屋がある。この井戸は天智、天武、持統天皇の産湯を汲んだとされる。そのことから「御井(三井)」と呼ばれるようになり、三井寺の通商の由来となった。



観音堂は境内の南端にある。明治時代まで三井寺の参詣は、この観音堂を除いて庶民には許されなかった。しかも境内は女人禁制。それだけに古くから庶民に親しまれてきた堂である。


浜大津駅から少し細い道を抜けて駐車場に入ります。駐車料金は500円。駐車場は豊富にあるので満車になることは少ないと思います。
拝観料は600円。入口にある仁王門で支払う。
広い境内をゆっくり見て回ると、2時間ほどかかる。
春の桜の時期か、秋の紅葉の時期が一番見どころだと思います。


20180924_0011.jpg 


20180924_0051.jpg 


20180924_0071.jpg 


20180924_0101.jpg 


20180924_0151.jpg 


20180924_0181.jpg 


20180924_0201.jpg 


20180924_0221.jpg 



2018.09.24    カテゴリ:  パパのこと 

   44ちゃい!

昨日、無事に44歳に なっちゃいました😅

色んなことがありましたが、皆さんのおかげで今日を迎えました。
そしてアラフォー最後の年を楽しく過ごしたいと思います。


ちなみに、娘からは父ちゃんの好物が😁
しかし⁉️息子は……
何事もなかったかのように、実家に遊びに行きました😅


この一年も、懲りずに仲良くしてやってくださいね😉


42335853_1595831137184561_1778922003135201280_n.jpg




Copyright © すずか ねっと All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog