アクセス数
プロフィール

すずかパパ

  • Author:すずかパパ
  • 【すずか】
    10歳の女の子です。小学4年生になりました。食物アレルギーのアトピーで通院中です。

    【たくや】
    6歳の男の子。毎日 幼稚園に元気よく通ってます。

    【パパ】
    モータースポーツ大好き、この歳になっても野球を続けているサラリーマンです。

    【ママ】
    毎日、子供達の世話に奮闘中。
月別(表示数指定)
CATEGORY+
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

コメント ありがとう!!
データ取得中...
リンクしました
ブログ内検索
RSSフィード

2017.02.13    カテゴリ:  お出かけ 

   OSAKA INTERNATIONAL AIRPORT

年末から大忙しで仕事をしてきました。

やっと ゆっくりした休みを取ることができました。

その貴重な休みを...伊丹に行っちゃいました(^_^;)


初めての五月山公園。でも、何もわからず行ったので撃沈...

そこから下川原に移動。ここは楽しい! もうちょっと時間を調整してこないとダメですね。

最後は定番の千里川。平日の今日でもたくさんの人が来られてましたね。

普段、撮ることのない飛行機ですが、機材も足らないけど、何とかしてやろうと奮闘しましたが、そんなに甘くなかったですね。


さて、また明日から連勤地獄。

リフレッシュできたんで、がんばりますか(^^)



201702013blog_006.jpg


201702013blog_005.jpg


201702013blog_002.jpg




2016.09.25    カテゴリ:  お出かけ 

   西国三十三か所 第三十二番札所  繖山 観音正寺

標高433mの繖山山頂に建つ。聖徳太子が建立した寺で、寺伝には人魚にまつわる伝説が残る。

推古天皇13年(605年)、聖徳太子が葦原から現れた人魚と出会った。

「生前、神仏を尊ばず、魚の殺生を生業としておりましたので、このような姿になりました。繖山にお寺を建立して、私を成仏させてください」という人魚の願いを聞き入れた太子は千手観音音像を刻み、山頂に堂塔を築いたと言う。


山頂手前までは有料登山道を利用して車で上がることができます。

駐車場からは10分ほどの参道で山頂に着くことができます。

本堂は平成5年(1993年)に原因不明の出火により焼失。本堂は平成16年(2004年)に再建されたので、新しい雰囲気を感じることができます。


201609019blog_001.jpg


201609019blog_003.jpg


201609019blog_005.jpg


201609019blog_004.jpg




2016.09.20    カテゴリ:  お出かけ 

   西国三十三か所 第三十一番札所  姨綺耶山 長命寺

寺伝によれば長寿の大臣と言われた武内宿禰が この山に登り、柳の巨木に「寿命長遠諸願成就」と刻み祈願した。その霊験あって300歳もの寿命を保ち、六代の天皇に仕えたと言う。

その後、聖徳太子が諸国歴訪のときに この山を訪れ、宿禰が記した柳で千手観音、十一面観音、聖観音の三尊像を刻み、その像を納める伽藍を建立した。宿禰の刻んだ「寿命長遠」の文字から長命寺と名付けたと伝わる。


湖岸から境内へは808段もの長い石段を上がる。この石段の参道は健康長寿を願ってのもので、登りきると足が鍛えられたそうだ。

ちなみに、車で中腹まで上がることができ、そこからは約100段の参道となっている。


我が家は しっかりと808段 登らせていただきましたよ!



201609019blog_016.jpg


201609019blog_023.jpg


201609019blog_018.jpg


201609019blog_015.jpg


201609019blog_017.jpg


201609019blog_014.jpg


201609019blog_021.jpg




2016.08.14    カテゴリ:  お出かけ 

   淀川河川敷へ

昨日は奥さんの実家へ。
実家は大阪市内の淀川河川敷の近く。
と言うことで、カメラを持って お散歩へ(^_^;)


時間も場所にも限りがあって自分にとっては難しかったけど、やっぱりカメラを持ってると楽しいねぇ(^^)


201608014blog_001.jpg


201608014blog_002.jpg


201608014blog_003.jpg




2016.04.30    カテゴリ:  お出かけ 

   葛井寺 藤まつり

毎年 ゴールデンウィークが見ごろのはずの 葛井寺の藤まつり。


今年は 少し遅かったようです...

見ごろは先週の週末だったようです。

こういうのは、タイミングが大事ですねぇ(^_-)


少し終わった藤を少しだけ(^_^;)



201604030blog_001.jpg


201604030blog_005.jpg


201604030blog_006.jpg


201604030blog_003.jpg


201604030blog_009.jpg





2016.02.14    カテゴリ:  お出かけ 

   西国三十三か所 第二十三番札所  応頂山 勝尾寺

725年、双子の善仲・善算両上人が草庵を結んだのがはじまりと言われています。
その後、第六代座主 行巡上人が清和天皇の病気平癒の祈願をし、その効験があったことから、王に勝った寺として「勝王寺」の寺名を賜りますが、寺側は王を尾に控え「勝尾寺」と呼ぶようになったとされています。

源氏、足利氏など有力武士ら時代の覇者たちが勝ち運を祈願し、以来 人生すべてに「勝つ」寺として勝運信仰の歴史を辿っています。
現在も受験、病気、選挙、スポーツ、商売など、あらゆる勝負の勝ち運、成功を祈って多くの人が訪れています。
勝ちダルマは願いごとを念じて片目を入れ、願いごとが叶うと もう一方の目を入れて寺に奉納します。

また、花の寺としても知られ、春の桜、シャクナゲ、夏のアジサイ、秋の紅葉は特に有名です。
しかしながら、この時期は梅もまだ早かったようです...

次に来るのは、娘の勝ち運祈願かなぁ(^_^;)


201602012blog_001.jpg

201602012blog_002.jpg

201602012blog_004.jpg

201602012blog_006.jpg

201602012blog_009.jpg

201602012blog_013.jpg

201602012blog_014.jpg



2016.02.13    カテゴリ:  お出かけ 

   西国三十三か所 第二十四番札所  紫雲山 中山寺

約1400年前に聖徳太子が建立した日本最初の観音霊場。
豊臣秀吉が子授けを祈願し、秀頼を授かったことから「子授け観音」として信仰されてます。
現在も安産祈願で全国から腹帯を授かりに集まります。

我が家も数年前に二人の子供の安産を祈願しに行きましたが、今回はお礼参りも兼て足を運びました。

中山観音公園が隣接していて、約1000本の梅の木が植えられた梅林があるのですが...
ちょっと早かったようです(-_-;)

御朱印も しっかり いただきました(^^)


201602011blog_001.jpg

201602011blog_002.jpg

201602011blog_003.jpg

201602011blog_006.jpg

201602011blog_008.jpg

201602011blog_009.jpg

201602011blog_012.jpg





Copyright © すずか ねっと All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog