アクセス数
プロフィール

すずかパパ

  • Author:すずかパパ
  • 【すずか】
    10歳の女の子です。小学4年生になりました。食物アレルギーのアトピーで通院中です。

    【たくや】
    6歳の男の子。毎日 幼稚園に元気よく通ってます。

    【パパ】
    モータースポーツ大好き、この歳になっても野球を続けているサラリーマンです。

    【ママ】
    毎日、子供達の世話に奮闘中。
月別(表示数指定)
CATEGORY+
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

コメント ありがとう!!
データ取得中...
リンクしました
ブログ内検索
RSSフィード
 全1ページ
このページのリスト

2016.05.17    カテゴリ:  モータースポーツ 

   Winner!!

優勝!


自分でプレーする競技が少なくなった今では、応援する立場で優勝を味わうことが多くなりました。

そんな時、鈴鹿サンデーロードレースのST600(Revival)クラスで、エッチングファクトリーの有川選手が優勝!!

チームにとっても久しぶりの優勝は、感動的な優勝でした。


土曜日の予選。ヘアピンで撮影していたので予選順位は把握できず...

シングルなんだろうなぁとは思ってましたが、チームLINEで確認して予選2番手! そこから頭の中は決勝の撮影の組み立てで一杯に。

鈴鹿サーキットはスタート前のグリッドから行ける場所は限られます。最終コーナー、逆バンクくらいまででしょうか。


日曜日、グリッドで撮影してから急いで向かったのは最終コーナー。ここからなら場内アナウンスも聞こえるのでレース状況も把握できる。さらに表彰台を獲得した場合にもパドックまで戻りやすい。

レースがスタートすると、3コーナーでトップに立った有川選手。そこからはトップを独走。

となると、最終コーナーでファインダーを覗きながら「何事も無くトップで帰ってくるんやぞ!」と思いながら待っています。それを7周 ずっと同じように待ちました。

そこり3周となったところで優勝を確信(たぶんチームの中でも私が一番早く確認したんじゃないかと思う...)したところで急いでパドックへ。

チェッカーには間に合わなかったけど、パルクフェルメには間に合いました。

MotoGPみたいにNo.1のプレートにWinnerが戻ってきて、マシンから立ち上がって勝利の雄たけび!!

と、イメージして待ってました.....が........

待っても待っても、Winnerは帰ってきません。


どうしたんや??


オフィシャルから「西ストレートで止まってるよ」との言葉が。

なんで?


ガス欠......(-_-;)


なぜガス欠かは分かりませんが、まさかのドナドナ帰還(ーー;)

それでも表彰台のてっぺんに立つのを見て、やっぱり勝ったんだと実感しました。


これまでも何度か優勝に関わることがありましたが、モータースポーツの優勝、しかも自分が関わるチームの優勝は別格ですね!

今度は、しっかりとパルクフェルメまで戻ってきてや(^_^;)



201605009blog_008.jpg


201605009blog_009.jpg


201605009blog_023.jpg


201605009blog_021.jpg


201605009blog_010.jpg




2016.05.15    カテゴリ:  モータースポーツ 

   8耐トライアウト

今年は この言葉を何度 口にしただろう...


そもそもはFIM世界耐久選手権のレギュレーション変更によって、大会エントリー台数が70台までと上限設定されたことが発端でした。

これによって、鈴鹿8時間耐久ロードレースは決勝出走台数が70台となっているので、実質 予選落ちが発生しなくなります。一方で、エントリーを早いもの勝ち!と言うわけにはいかず、エントリーする権利を得る必要が発生しました。

優先出場枠として世界耐久選手権 年間エントリーチーム、2015年8耐の予選上位10チームと決勝上位20チーム。この時点でエントリー権利を有していないチームが、今年のトライアウトに挑戦する必要があります。実際にはチームだけではなくライダーもエントリーする権利を有する必要がありますが、これは複雑なので機会があれば紹介します...


そのトライアウトの一つが、4月に開催された鈴鹿2&4レース。ここでトライアウトにエントリーした決勝上位10チームが選抜されます。さらに5月に開催された鈴鹿サンデーロードレースの8耐トライアウト ファイナルレースで、決勝上位17チームが選抜されます。

エッチングファクトリーは2015年の8耐を予選落ちしているため、鈴鹿2&4レースに出場しましたが予選落ち...鈴鹿サンデーロードレースのトライアウト ファイナルでは決勝33位で終わってしまいました。


この時点でこれまで優先出場権を得てるチームと、トライアウト等で選抜されたチームのエントリー待ちとなって、70チームに満たない台数は主催者推薦枠として、最後の小さな望みが残されています。

現時点では11チーム+αがあるかどうか...と言われていますが、いずれにしてもエッチングファクトリーは厳しい位置にあるには変わりありません。


長々と書きましたが、このようにして実質 昨年の8耐から始まった2016年の8耐は これまでの8耐とは違い、選りすぐられた精鋭たちによる過酷で厳しいレースになるのは間違いないんだと思います。

どのようになるのか分かりませんが、もう少し待ってみたいと思います。


201605009blog_004.jpg


201605009blog_020.jpg


201605009blog_013.jpg





Copyright © すずか ねっと All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog