アクセス数
プロフィール

すずかパパ

  • Author:すずかパパ
  • 【すずか】
    10歳の女の子です。小学4年生になりました。食物アレルギーのアトピーで通院中です。

    【たくや】
    6歳の男の子。毎日 幼稚園に元気よく通ってます。

    【パパ】
    モータースポーツ大好き、この歳になっても野球を続けているサラリーマンです。

    【ママ】
    毎日、子供達の世話に奮闘中。
月別(表示数指定)
CATEGORY+
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

コメント ありがとう!!
データ取得中...
リンクしました
ブログ内検索
RSSフィード

2013.04.16    カテゴリ:  モータースポーツ 

   【2輪】 鈴鹿選手権 第一戦 サンデーロードレース ③

ST600(Revivalクラス)  No.16  有川浩太郎


201304016blog_001.jpg


201304016blog_002.jpg


201304016blog_003.jpg


201304016blog_004.jpg


201304016blog_005.jpg


201304016blog_006.jpg


201304016blog_007.jpg


201304016blog_008.jpg



予選:34位
決勝:28位



ST600Rクラスは、エントリー44台、決勝進出台数34台。


10台のマシンが予選落ちとなる。


予選34位、予選落ちギリギリのラインで通過。


と言うよりも、前に紹介した慶楽選手の失格により繰り上げとなって予選を通過した...


そっちの方が正しい表現かもしれない。



しかし運も実力の内。この運を決勝にも活かして...



決勝は失格となった慶楽選手の分まで、一つでも前に出たいところであったはず。


スタートでは1コーナーのIN側をするりと抜けて牛蒡抜き。


しかし、セミウェットの路面を自分のものにすることができずペースダウン。



最終的には、6番上がって決勝は28位。


決勝後のピットには、有川選手の悔しい顔があった。


自分で納得できる走りが出来なかったのであろうか。





いや、私はそう思わない。


スタートで見せてくれたスタートダッシュは、今後のレースで必ず活かされるはず。


失格となった仲間の分まで、難しい路面状況を完走できたことも、今後に活かされるはずであろう。


Negativeではなく、Positiveに考えることも反省だと思う。




自分の力を発揮できなかったことのNegative的反省。


それは、上へ行くための勉強であると私は思う。










中古情報機器は日立キャピタルサービスオンラインショップ














Copyright © すずか ねっと All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog