アクセス数
プロフィール

すずかパパ

  • Author:すずかパパ
  • 【すずか】
    10歳の女の子です。小学4年生になりました。食物アレルギーのアトピーで通院中です。

    【たくや】
    6歳の男の子。毎日 幼稚園に元気よく通ってます。

    【パパ】
    モータースポーツ大好き、この歳になっても野球を続けているサラリーマンです。

    【ママ】
    毎日、子供達の世話に奮闘中。
月別(表示数指定)
CATEGORY+
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

コメント ありがとう!!
データ取得中...
リンクしました
ブログ内検索
RSSフィード

2006.07.20    カテゴリ:  F1 

   【F1】 スーパー・アグリ  佐藤琢磨がSA06を初ドライブ


このブログでは初めてのF1ネタです。これからもパパの趣味であるモータースポーツを、時々出していきたいと思います。

早速、今日の話題は、スーパー・アグリの待望のニューマシン「SA06」がデビューしましたね。
開幕戦から使い続けた「SA05」とよく似ているのですが...
違うところは、マシンのカラーリングですね。(当たり前か!) 何となくモダンさを感じますが、今風のカラーリングじゃない気もします。
サイドからリアにかけては小さくなったかなぁと言った感じです。(実物を見ていませんが)
フロントはSA05とほぼ一緒。これからモディファイされて行くのでしょうか??

何と言っても、琢磨くんの顔が良いですね。おもちゃをもらった子供のようです。昨年までの「速いマシンを与えてもらった」顔とは違いますね。一から作るというのは、それほどまでに難しいのでしょうね。

さて、次戦ドイツGPからデビューするとのことですが、それまでに、どこまで熟成されるのか、楽しみです。

「続き」では、この話題に関するニュースを集めてみました。覗いてみてください。



【佐藤琢磨 キャップ シャツなど 】  楽天 スーパー・アグリ コレクション

佐藤琢磨 SA06を初ドライブ

20060720213018.jpg スーパー・アグリは19日(水)、シルバーストーンで新車のお披露目をした。チーム全員が、この新しいマシンのパフォーマンスを楽しみにしているようだ。

 この日、短時間のシェイクダウンではあったが、同チームの佐藤琢磨が新車SA06の初ドライブを行っている。

 SA06の本格的なテストは、20日(木)から同じくシルバーストーン・サーキットで実施される予定。
 来週のドイツGPで、レースデビューを果たすSA06を駆るのは、琢磨と、そして同グランプリからレースドライバーに起用される山本左近だ。



初日 SA06は30ラップ走破

20060720213152.jpg 19日(水)、予定通りシェイクダウンにこぎ着けた『スーパー・アグリ・F1』期待の新型車『SA06』は、シルバーストーン・サーキットの南コースにその姿を初めて現した。

 コクピットに収まったのはエースの佐藤琢磨。公開で行われたため、多くのカメラマンがその姿をファインダーに収めた。
 フロント廻りはまだ旧型の『SA06』の開発踏襲しているとみられ、大きな変化は感じられないが、ボディのリヤ部分は明らかに絞られてスマートな体型になっている。
 チームの説明ではリヤセクションを完全に新設計、課題だった重心位置の低下で大きな効果が期待されるという。

 午前の走行は、しかし初テストらしくハイドロリック系のトラブルに見舞われるなどしてほとんど走行できずに終了。午後からようやく本格走行を始めた『SA06』はこの日トータル約30周を走行。
 鈴木亜久里代表によれば、このあとフロント部分の開発を進め、それが終わって初めてほんとうの新型車になるとのこと。

 このためこの日デビューした『SA06』は今後『SA06A』と呼ばれることになる見通しだ。



佐藤琢磨 「『SA06』素晴らしいフィーリング」

20060720213435.jpg 『SA06』の初テストを行ったスーパー・アグリの佐藤琢磨は、「素晴らしいフィーリング」と、その第一印象を語った。

 いきなりトラブルに見舞われるなど新車らしい滑り出しをみせた『SA06』だったが、その初めてのステアリングを握った佐藤琢磨はすっかり好印象を持ったようだ。

「マシンは素晴らしいフィーリングだった。ブレーキングでもとても安定しているし、リヤ廻りの挙動がこれまでの『SA05』に比べてとても落ち着いているね。ギヤボックスが一新されたので、シフトのフィーリングが(去年の)BARホンダ007みたいになってとてもナイスな感じ。
ただこれで約2秒速くなったとしても、それですぐさま上位争いができる訳ではないけれど、レースではいいバトルができるようになると思う。
早くこれでレースに出たいね」

 テストは20日も継続される予定で、順調に準備が進めばドイツGPでF1デビュー予定・山本左近のテストへの参加も期待されている。



山本左近 2号車はチェックのみで本番か?

20060720213627.jpg まだ組み立て中と伝えられるスーパー・アグリ『SA06』の山本左近用マシン2号車は、結局サーキットを走ることなくリーフィールドのファクトリー近くでのチェック走行のみでドイツに送られる見通しという。

 場所は今年2月にやはり『SA05』のチェックを行ったグロスターシャー州のケンブル飛行場ということで、当然直線コースだけのものになる。

 来週次戦いよいよドイツGPでF1デビューを控える山本左近にとって、ほとんど走行時間のない新車での挑戦は、困難なものになめだろう。
 ただしホッケンハイムは2002年のドイツF3、2003年のヨーロF3時代にレース経験のあるサーキットではある。

 なお、フロント部分も一新される本格バージョンの『SA06』は、第14戦トルコGP(8月27日)投入が予定されているという。


20060720214020.jpg 20060720214029.jpg


20060720214039.jpg 20060720214046.jpg









トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

待望の新車SA06デビュ~!

もぅホントに首をながーーーーーくして待ってた待望の新車・SA06のシェイ...


Copyright © すずか ねっと All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog