アクセス数
プロフィール

すずかパパ

  • Author:すずかパパ
  • 【すずか】
    10歳の女の子です。小学4年生になりました。食物アレルギーのアトピーで通院中です。

    【たくや】
    6歳の男の子。毎日 幼稚園に元気よく通ってます。

    【パパ】
    モータースポーツ大好き、この歳になっても野球を続けているサラリーマンです。

    【ママ】
    毎日、子供達の世話に奮闘中。
月別(表示数指定)
CATEGORY+
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

コメント ありがとう!!
データ取得中...
リンクしました
ブログ内検索
RSSフィード

2013.10.18    カテゴリ:  F1 

   【F1】 2013 Formula1 World Championship  Rd.15 Japanese GP ③

2nd  No.2  M.Webber (Infinti Red Bull Racing)




201310016blog_001.jpg


201310016blog_002.jpg


201310016blog_003.jpg


201310016blog_004.jpg


201310016blog_005.jpg


201310016blog_006.jpg


201310016blog_007.jpg


201310016blog_008.jpg


201310016blog_009.jpg


201310016blog_010.jpg


201310016blog_011.jpg


201310016blog_012.jpg





2013年シーズンを最後にF1から去ることを決めている、レッドブルのマーク・ウエバー。


F1で鈴鹿を走るのも最後となる。




その最後の鈴鹿で、鈴鹿マイスターのベッテルを抑えてポールポジションを奪った。


今シーズン初めて、ベッテルの前での予選結果。


まだまだ やれるぞ!と言うよりも、F1の思い出づくりのような鈴鹿ラストランでもあった。




決勝は巧みな作戦と、数少ないオーバーテイクチャンスを一撃で射止めたベッテルが優勝。


ウエバーはグロージャンを攻略しての2位フィニッシュ。


ポールからのレーススタートであったため、さぞかし悔しい思いであっただろうが、ピットウォールで行われたチームの記念撮影では、晴れ晴れした表情だった。




苦労人のマーク・ウエバーの鈴鹿ラストランは、ウエバーらしいレース展開であった。










【日本文化センター】テレビCM放送商品






こんにちは^^
かなりご無沙汰しておりました…

躍動感の溢れるお写真…いつ見ても感動します。
絶対自分じゃ撮れないもんなぁ…><

F1って、本当にたくさんのドラマがありますよね!
それを知ってから見ると…なんだか切なくなります><
ありがとうございます。
躍動感って言うほどの写真ではありませんが、自分の中での一年の集大成と言うつもりで撮ってるんで、シャッターを切るのにも自然と力が入ります。

スポーツには勝者と敗者がいます。
レースの勝者は一人、残りの全員が敗者となります。
一つのレースにかかる人の数は、一般のスポーツに比べると雲泥の差だと思います。
たった一人のドライバーのために、何百人と言う人が動いてますから。
そういう意味ではドラマが沢山あることになりますが、決してネガティブになることはなく、次は自分だ!とポジティブに進んでいかないとダメなんですよね...








Copyright © すずか ねっと All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog