アクセス数
プロフィール

すずかパパ

  • Author:すずかパパ
  • 【すずか】
    10歳の女の子です。小学4年生になりました。食物アレルギーのアトピーで通院中です。

    【たくや】
    6歳の男の子。毎日 幼稚園に元気よく通ってます。

    【パパ】
    モータースポーツ大好き、この歳になっても野球を続けているサラリーマンです。

    【ママ】
    毎日、子供達の世話に奮闘中。
月別(表示数指定)
CATEGORY+
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

コメント ありがとう!!
データ取得中...
リンクしました
ブログ内検索
RSSフィード

2014.09.19    カテゴリ:  家族のこと 

   これから...

9月14日(日) 20時ごろ。 里帰り出産のために実家に帰ってきていたママの妹から電話がかかってきた。

「お父さんが倒れた...」

救急搬送された病院で脳梗塞と診断。

意識も遠い状態で、SCU(脳関係集中治療室)に緊急入院となった。

右側脳に障害があり、左半身麻痺による障害が残る可能性が高いとのこと。



前日まで普通の生活をしていた。

当日も、普通の生活をしていて、車も運転していた。

普段から散歩やマラソン、登山など、運動も十分に行っている。

お酒も たばこも吸っていない。

そんなお義父さんが突然倒れた。



夜、ママと一緒に病院に行った。

意識もハッキリしない、今までに見たこともない姿の お義父さんがいた。

目を開けることもなく、たくさんのチューブを体に装着された お義父さん。



翌日、改めて検査をした。

脳梗塞は、ある程度 落ち着いた時点でリハビリを開始しないと、回復が遅れていく。

まだ発症して2・3日でリハビリと言う言葉が出てくる。

それくらい身体に障害が残る可能性は高いんだろう。



その日から毎日 病院に通っている。

調子のいい日は体を起こして会話も出来るところまで復調した。

左足も少しだけだが動かすことも出来る。

一方で左腕は まったく動くことがない。

今はまだ食事も取ることができない。

水分の摂取も制限がある。


家族はリハビリ病院を探している。

しかし、良い病院は予約が一杯で、転院することが難しい。




ママの実家は3階建の一軒家。

体が不自由となる可能性が高い お義父さんにとっては、ここで生活するのは難しいかもしれない。

もしかすると、この家に戻ってくることは無いかもしれない。


車の運転も出来ないかもしれない。

もしかすると、自分の車を運転することができないかもしれない。



数日中には一般病棟に移ると思われる。

これから始まるリハビリ生活。

私も含めて、家族全員でバックアップして行かなくてはならない。



また、元気な お義父さんの姿が見れる日まで...








ホビー通販サイト ホビーストック






こんにちは、カピバラです。
心中お察ししますとともに心よりお見舞い申し上げます。

実は私の義父も昨年末に脳梗塞で倒れました。
入院当初より1週間ほど過ぎてからでしょうか
やはり梗塞にて脳のダメージは広がったように思います。

すずかのパパさんが書かれたように一刻も早いリハビリが大切です。
うちの場合は1ヶ月ほど過ぎてから本格的にリハビリ病院を探し・・・・
面接等を受け2月半ばに転院。

その後約5ヶ月ほどのリハビリ後
今年7月に帰宅しました。

帰宅するにあたり、理学療法士等の先生のアドバイスなどから
自宅の改装及び介護ベットの導入などいろりろありましたが
家族のサポートなしでは生活できません。

皆さん協力のもと、頑張ってとか言えませんが、
きっちりサポートしてあげてください。

お互い頑張っていきましょう。
ありがとうございます。
つい先日まで元気にしていたんです。
まさかの出来事でした...

でも、本人は まだ自分の状況を認識していないようです。
車検が近づいてる車も、自分で車検出すからとか、保険の継続も自分ですると言って聞かなんです。
この現実を知った時、どう思うのかと思うと...
それと、お義母さんの心労も心配です。

今まで、本当にお世話になったので、これからは私たち”子供達”が動かないとダメだなぁと改めて思ってます。

カピバラさんも大変だと思いますが、がんばってください。








Copyright © すずか ねっと All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog