アクセス数
プロフィール

すずかパパ

  • Author:すずかパパ
  • 【すずか】
    10歳の女の子です。小学4年生になりました。食物アレルギーのアトピーで通院中です。

    【たくや】
    6歳の男の子。毎日 幼稚園に元気よく通ってます。

    【パパ】
    モータースポーツ大好き、この歳になっても野球を続けているサラリーマンです。

    【ママ】
    毎日、子供達の世話に奮闘中。
月別(表示数指定)
CATEGORY+
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

コメント ありがとう!!
データ取得中...
リンクしました
ブログ内検索
RSSフィード

2018.09.29    カテゴリ:  お出かけ 

   西国三十三か所 第十四番札所  長等山 園城寺[三井寺]

大津の長等山中腹に広がる三井寺。その広大な境内の南端に第十四番札所の観音堂がある。

天台密教が息づく厳かな伽藍中心部に比べ、観音堂はのどかで庶民的な雰囲気が漂う。

創建は古く飛鳥時代にまで遡る。朱鳥元年(686年)に弘文天皇(大友皇子)の子、大友与多王が「荘園城邑」を寄進し、堂宇を建立したのが始まり。



石組みで名高い穴太の石工たちが築いた石垣を見ながら参道を進む。

境内でひときわ威容を放つのが金堂(国宝)。七間四方の大堂で慶長4年(1599年)に北政所が再建したと伝わる。
金堂前の鐘楼は近江八景の一つで名高い「三井の晩鐘」。弁慶ゆかりの「弁慶の引き摺り鐘」も残されている。

金堂の向かって左には霊泉の湧き出る閼伽井屋がある。この井戸は天智、天武、持統天皇の産湯を汲んだとされる。そのことから「御井(三井)」と呼ばれるようになり、三井寺の通商の由来となった。



観音堂は境内の南端にある。明治時代まで三井寺の参詣は、この観音堂を除いて庶民には許されなかった。しかも境内は女人禁制。それだけに古くから庶民に親しまれてきた堂である。


浜大津駅から少し細い道を抜けて駐車場に入ります。駐車料金は500円。駐車場は豊富にあるので満車になることは少ないと思います。
拝観料は600円。入口にある仁王門で支払う。
広い境内をゆっくり見て回ると、2時間ほどかかる。
春の桜の時期か、秋の紅葉の時期が一番見どころだと思います。


20180924_0011.jpg 


20180924_0051.jpg 


20180924_0071.jpg 


20180924_0101.jpg 


20180924_0151.jpg 


20180924_0181.jpg 


20180924_0201.jpg 


20180924_0221.jpg 











Copyright © すずか ねっと All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog