アクセス数
プロフィール

すずかパパ

  • Author:すずかパパ
  • 【すずか】
    10歳の女の子です。小学4年生になりました。食物アレルギーのアトピーで通院中です。

    【たくや】
    6歳の男の子。毎日 幼稚園に元気よく通ってます。

    【パパ】
    モータースポーツ大好き、この歳になっても野球を続けているサラリーマンです。

    【ママ】
    毎日、子供達の世話に奮闘中。
月別(表示数指定)
CATEGORY+
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

コメント ありがとう!!
データ取得中...
リンクしました
ブログ内検索
RSSフィード

2006.10.23    カテゴリ:  F1 

   【F1】 第18戦 ブラジルGP 日曜日 決勝レポート


ついにこの日が来てしまいました。M.シューマッハの最後のレース。
日本の真裏に位置するブラジルでは、日本時間の深夜にレースが行われました。
もちろん私は眠い目を擦りながらも、最後まで見続けました。

予選で、まさかのマシントラブルが出たM.シューマッハですが、今シーズンの予選方式で、ある意味”助かった”と言える10番手。しかし、チャンピオン獲得には絶望的なグリッドでした。

レースが始まると、見る見るうちに順位を上げて、あっという間にG.フィジケラに追いついたのですが、なんとタイヤがバースト! 信じられない光景でした。タイヤを交換した後は、再び猛追が始まったのですが、2度に渡る突然の失速...マシンは完璧ではないように見えますが、それでも最後まで走り続けて、4位でフィニッシュ。

最後のレースで表彰台に上がることは出来ませんでしたが、シューマッハらしいレースを最後に見せてくれました。

優勝は、母国ですばらしい走りを見せたF.マッサ。ブラジルカラーのレーシングスーツが栄えます。

そして、2位にはF.アロンソ。2年連続でタイトルを獲得です。コメントにもありましたが、「トップのシューマッハを敗ることが出来て、光栄だ」これが本心かもしれません。

3位にはJ.バトンです。ホンダの意地を見せてくれました。来シーズンに向けて楽しみなレースではなかったでしょうか。

一方、トヨタ勢は2台揃ってマシントラブルによるリタイヤ。今シーズンを象徴するシーンでした。
来シーズンは、ホンダと共に優勝を争えるチームになって欲しいです。

そして、同じ日本勢として今シーズンから参戦したスーパー・アグリ。
今シーズンラストのレースは、佐藤琢磨10位、山本左近16位で、2戦連続でダブル完走を成し遂げました。
昨年の今頃は噂だけで、影も形もなかったチームですが、1年後の今は、上位と同タイムで走れるほど成長しました。
レースのファステストラップでは、山本左近が7位、佐藤琢磨が9位で、マシンの完成度の高さも証明してくれました。
将来が...と言うよりも、来シーズンから楽しみなチームです。
(あとはホンダがどれだけ協力してくれるか?)

さて、今シーズンもこれで終了です。明日からは、来シーズンに向けた戦いです。

2006年までのシューマッハ時代が終わり、2007年からは新しい時代が幕を開けます。
F.アロンソはマクラーレンへ、K.ライコネンはフェラーリへ。
タイヤはブリヂストンのワンメイク。マイルドセブン、ラッキーストライクの大手たばこメーカーの撤退。ボーダフォンはマクラーレンへ。
ヘイキ・コバライネン、アンソニー・デビッドソン(決まっていませんが)などの新人の登場など。2007年も目が離せません。

16年間、トップを走ってきたシューマッハは、もうグリッドには並びません。赤党だった私としては、すこし残念な感じです。鈴鹿も終わって富士に行く日本GP。ひとまず私の観戦記もお休みとなりますが、F1は終わりません。
来シーズンも、すばらしいシーズンとなるよう願っております。



10/22 決勝のレポートを、続きで紹介します。

【M.シューマッハ フェラーリグッズ】  楽天 フェラーリ コレクション



第18戦 ブラジルGP 日曜日 決勝レポート

 チャンピオンに輝くのはF.アロンソかM.シューマッハか。全世界が固唾(かたず)を呑んで見守る2006年 F1世界選手権 第18戦 ブラジルGP決勝の火ぶたが、ついに切って落とされた。

 新旧王者の2人に絞られた今シーズンのタイトル争いは、ポイントリーダーのアロンソが126ポイント、これを追うシューマッハが116ポイントと、10ポイント差で最終戦を迎えた。アロンソシューマッハの結果に関係なく、最低1ポイント獲得でタイトル防衛が決定。一方のシューマッハは優勝と、アロンソがノーポイントに終わるという2つの条件をクリアしなければタイトル奪還は果たせない。

 ところが、予選のファイナルステージでシューマッハのマシンにトラブルが発生、現役最後のタイムアタックを不完全燃焼で終えることとなった。その結果、シューマッハは決勝を10番手からスタート。対するアロンソは4番手スタートと、優位にレースを進めることとなった。

 今日のアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ(通称:インテルラゴス・サーキット)は晴天に恵まれ、気温24℃、路面温度44℃、湿度56%のドライコンディション。4.309km×71周の決勝レースはオープニングラップでN.ロズベルグとM.ウェーバーのウィリアムズ同士が接触し、リタイアしてしまう。これでセーフティカーが導入され、6周目の再開後には、なんとシューマッハの左リアタイヤがバースト。かろうじてピットに戻り、タイヤ交換と給油作業を済ませて、再びコースに出て行った。9周目の出来事だった。

 11周目、J.トゥルーリ(トヨタ)がガレージに姿を消し、チームメイトのR.シューマッハもリタイアしてしまう。さらに16周目にはD.クルサード(レッドブル)が戦線離脱となった。

 最後尾までポジションを落としたシューマッハは逆境をはねのけるように、次々とオーバーテイクを決めていく。そして、37周目には8番手に浮上、ポイント圏内に入った。一方、トップ集団はF.マッサ(フェラーリ)を先頭に、アロンソ、J.バトン(ホンダ)、K.ライコネン(マクラーレン)らがレースを引っ張っていく。

 40周目、7番手のR.クビサ(BMWザウバー)を抜いた直後のシューマッハが一瞬、スローダウン、クビサにオーバーテイクされる。しかし、体勢を立て直して再びクビサを抜き返し、7番手にポジションを上げた。さらにR.バリチェロ(ホンダ)をパスして6番手に浮上するが、またしても一瞬、ペースを落とした。何かトラブルを抱えているのかもしれない。

 しかし、シューマッハは息を吹き返す。62周目にフィジケラをオーバーテイク。68周目には自分のシートを譲る後継者のライコネンを果敢に交わし、ついに4番手まで上がってきた。

 その一方で先頭を快走するチームメイトのマッサは危なげない走りでトップチェッカーを受け、母国初制覇を果たした。2位フィニッシュはアロンソで、2006年のドライバーズタイトル獲得と同時に、2年連続のF1ワールドチャンピオンに輝いている。3位にはバトンが入り、ホンダがシーズン最終戦で表彰台をもぎ取った。

 シューマッハは4位フィニッシュでタイトルを逃したが、最後まで攻めの走りを貫いて現役を引退。5位以降はライコネン、フィジケラ、バリチェロ、P.デ・ラ・ロサ(マクラーレン)というトップ8だ。スーパー・アグリは、19番手スタートの佐藤琢磨が先頭集団に引けを取らないペースを刻み、10位フィニッシュ。山本左近も16位でレースを終え、ダブル完走に貢献している。

 なお、コンストラクターズタイトルはルノーが獲得。フェラーリは、わずか5ポイント差で2位に甘んじた。

 こうして激動の2006年シーズンは幕を閉じ、16年間にわたりF1を彩ってきたシューマッハが去って、ひとつの時代が終焉を迎えた。それは同時に新たな時代の幕開けを意味している。2007年の戦いはすでに始まっているのだ。


1 F.マッサ (フェラーリ)     1:31'53.751 199.731Km/h
2 F.アロンソ (ルノー)       +18.658 199.058Km/h
3 J.バトン (ホンダ)        +19.394 199.032Km/h
4 M.シューマッハ (フェラーリ)   +24.094 198.863Km/h
5 K.ライコネン (マクラーレン)   +28.503 198.705Km/h
6 G.フィジケラ (ルノー)      +30.287 198.641Km/h
7 R.バリチェロ (ホンダ)      +40.294 198.283Km/h
8 P.デ・ラ・ロサ (マクラーレン)  +52.068 197.863Km/h
9 R.クビサ (BMW)        +1'07.642 197.311Km/h
10 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)    +1Lap
11 S.スピード (トロ・ロッソ)    +1Lap
12 R.ドーンボス (レッドブル)    +1Lap
13 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)   +1Lap
14 C.アルバース (スパイカー)    +1Lap
15 T.モンテイロ (スパイカー)    +2Laps
16 山本左近 (スーパー・アグリ)    +2Laps
17 N.ハイドフェルド (BMW)    +8Laps (アクシデント)
-----------------------------------------------------------------
 D.クルサード (レッドブル)   14Laps ギアボックス
 J.トゥルーリ (トヨタ)     10Laps サスペンション
 R.シューマッハ (トヨタ)    9Laps サスペンション
 M.ウェーバー (ウィリアムズ)  1Lap アクシデント
 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)  0Lap アクシデント



【ファステストラップ】

1 M.シューマッハ (フェラーリ)   70Laps 214.97Km/h 1'12.162
2 F.マッサ (フェラーリ)      23Laps 212.86Km/h 1'12.877
3 F.アロンソ (ルノー)       70Laps 212.61Km/h 1'12.961
4 J.バトン (ホンダ)        71Laps 212.34Km/h 1'13.053
5 G.フィジケラ (ルノー)      70Laps 212.15Km/h 1'13.121
6 K.ライコネン (マクラーレン)   58Laps 211.68Km/h 1'13.281
7 山本左近 (スーパー・アグリ)    67Laps 211.40Km/h 1'13.379
8 R.バリチェロ (ホンダ)      48Laps 211.37Km/h 1'13.391
9 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)    47Laps 211.34Km/h 1'13.401
10 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)   69Laps 210.52Km/h 1'13.687
11 R.ドーンボス (レッドブル)    62Laps 210.48Km/h 1'13.700
12 P.デ・ラ・ロサ (マクラーレン)  63Laps 210.15Km/h 1'13.817
13 S.スピード (トロ・ロッソ)    69Laps 210.02Km/h 1'13.862
14 R.クビサ (BMW)        25Laps 209.30Km/h 1'14.117
15 N.ハイドフェルド (BMW)    18Laps 209.17Km/h 1'14.163
16 T.モンテイロ (スパイカー)    38Laps 208.47Km/h 1'14.410
17 C.アルバース (スパイカー)    61Laps 207.97Km/h 1'14.591
18 J.トゥルーリ (トヨタ)      9Laps 207.16Km/h 1'14.882
19 D.クルサード (レッドブル)    12Laps 203.99Km/h 1'16.045
20 R.シューマッハ (トヨタ)     8Laps 201.89Km/h 1'16.835



【ドライバーズ・チャンピオンシップポイント】

1 F.アロンソ (ルノー)       134
2 M.シューマッハ (フェラーリ)   121
3 F.マッサ (フェラーリ)      80
4 G.フィジケラ (ルノー)      72
5 K.ライコネン (マクラーレン)   65
6 J.バトン (ホンダ)        56
7 R.バリチェロ (ホンダ)      30
8 J.P.モントーヤ (マクラーレン) 26
9 N.ハイドフェルド (BMW)    23
10 R.シューマッハ (トヨタ)     20
11 P.デ・ラ・ロサ (マクラーレン)  19
12 J.トゥルーリ (トヨタ)      15
13 D.クルサード (レッドブル)    14
14 M.ウェーバー (ウィリアムズ)   7
15 J.ビルヌーブ (BMW)      7
16 R.クビサ (BMW)        6
17 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)   4
18 C.クリエン (レッドブル)     2
19 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)   1



【コンストラクターズ・チャンピオンシップポイント】

1 ルノー          205
2 フェラーリ        201
3 マクラーレン・メルセデス 110
4 ホンダ          85
5 BMW・ザウバー     36
6 トヨタ          35
7 レッドブル・フェラーリ  16
8 ウィリアムズ・コスワース 11
9 トロ・ロッソ コスワース 1


※同ポイントの順位はFIAによる



M.シューマッハ  「言葉が見つからないんだ」

20061024223507.jpg
 22日(日)、インテルラゴス・サーキットで行われたブラジルGP決勝レースをもって、M.シューマッハ(フェラーリ)は、そのF1キャリアに幕を下した。
「今日で僕のレース人生は終わりだ。特別な瞬間だってことは確かなことだし、素晴らしい人たち、すなわち、フェラーリのみんなと過ごせることができて、とても誇りに思っている」

「言いたいことはたくさんあるんだけど、今はいい言葉が見つからないんだ。たぶん、いつもいつも、僕を応援し続けてくれたファンのみんなを恋しく思うだろうね」

「彼らのサポートは僕のパフォーマンスを支えてくれた。難しい状況の時は特にね。年を追うごとに、とても重要なものになっていったんだ。フェラーリのみんなやファンのみんなに言えるのは、本当にありがとうってことだけだよ」

 ワールドチャンピオンに7度も輝いたシューマッハは、彼のラストレースで見事なまでのパフォーマンスを披露し、表彰台まであと一歩という4位でフィニッシュした。
 そのシューマッハは、15年というキャリアを続け、並外れたレースを展開してきたことについて、何とか言葉を見つけられたようだ。
「ある意味、僕にとっては閉鎖的なサイクルだった。なぜなら、僕のF1キャリアはたぶん、昨日起こったことのように、始まりも終わりも500mだったからね」

 彼の言葉の真意は、彼の初レースとラストレースで即座にトラブルに襲われたことを意味しているのだろう。しかし、フェラーリを駆った彼のコース上での走りは、彼の才能、速さ、度胸、決断力を物語って余りある。例えば、今日のブラジルGPでパンクに見舞われ、最後尾まで順位を落としても、4位でフィニッシュしてしまうように・・・。
「レースは大混乱だった、っていうのが一番合っていると思う」と語るシューマッハ。

 一方、ライバルのF.アロンソフェルナンド・アロンソ(ルノー)は、シューマッハのチームメイトで優勝したF.マッサの後ろ、2位でチェッカーを受け、2006年の王者に輝いた。
「今日のマシンは、真の速さがあって、他の誰にも負けない、本当に素晴らしいものだった。だから、マシンパフォーマンスについては、パーフェクトな形でシーズンを終えられたと言えるだろうね。でも、僕にとってはうまくいかなかった」

 また、シューマッハは母国ブラジルGPで初制覇を成し遂げたマッサに、暖かい賛辞を送っている。
「フェリペ(マッサ)が素晴らしいレースをしてくれて、本当にうれしく思っている。アイルトン(セナ)以来、初めてインテルラゴスで優勝を飾ったブラジル人ドライバーになったんだからね。すごいことだよ。最低でも、一緒にポディウムに上がれたらもっと良かっただろうね。それから、フェルナンド(アロンソ)にもおめでとうと言いたい」

「今日は、フィジケラ(ルノー)を抜いた9周目にパンクしてしまって、レースは半ばあきらめざるを得なかった。チームラジオで教えてもらうまでは、パンクのことには気がつかなかったんだ」

「本当に何も分からなくて、判断できなかったんだ。確かに、タイヤがカットされたとは言ったけど、それを感じてはいなかった。2コーナーでタイヤがもううまく機能していないってことだけは、分かったけどね」

 そして、一度は最後尾まで落とした順位をひとつひとつ上げていくことを本当に楽しんだというシューマッハは、「マシンは本当にすごかった」とコメント。
 
 さらに、一番の思い出として、2000年のタイトル獲得を挙げた。
「一生懸命がんばって、それがちゃんと結果として現れたから、最終的に勝つことができたんだ。一番、素晴らしいチャンピオンシップだった」

 しかし、シューマッハは後悔もあると語っている。
「こうしていれば、と思うことはある。でも、それをやっていたとしても、厳しかったと思うし、今は、もう時間もないんだ。“My Way(マイ・ウェイ/フランク・シナトラの名曲)”って歌があるけど、本当にその通りだって今は思う。レース後、父に会ったんだけど、うれしそうだった。“終わっちゃったね”って言われたけどね」

「とてもうれしそうだったよ。きっと、レースの時は僕よりも緊張していたんだろうけど、リラックスしているように感じた」


もし、月々の保険料を5,000円抑えると、年間6万円も貯まる!

このたびはTBありがとうございました。m(_ _)m
私もデビュー当時からミハエルを見ていたので、熱烈なファンじゃないけど、寂しいですね。
たぶん、来年の開幕戦で、痛感しそう…
結果はともかく、いい最後のレースだったと思います。
オフもよろしくお願いします。
育児の日記も拝見しました。
実は私の息子も「たくと」と言います。3歳です。
…なんだか親近感が沸いてきました☆
ご無沙汰してます。
終わってしまいましたね。
また、来シーズン楽しみ
ましょう。
跳馬は内部抗争激化?!?
fontana_caさん。こんばんは。
そうですねぇ。来年の開幕は、ガラリと変わったラインナップでの開幕ですから。これまでのシーズンとの違いを感じそうです。

息子さんは「たくと」くんですか。ちなみに我が家の「たくや」は、完全に琢磨を意識しています。(一人目はおねえちゃんは「すずか」ですから...

こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
kutz-changさん。こんばんは。お久しぶりです。

今シーズンは、色んな意味で楽しめるシーズンでしたね。
”終幕”と言う言葉が似合うような気がします。
ここ最近のマッサの働きを見ると、ライコネンもうかうかとしてられない感じです。シューマッハ時代の跳馬には無い、チーム内の争いが見られるのかもしれませんね。

来シーズンも、よろしくお願いします。
  • 終わっちゃいました。
  •  ECHO 
  • 2006.10.25 21:51  
  •  [ 編集 ]
TBありがとうございました。
とうとうマイケルの最後のレースが終わってしまいました。最後までらしい走りを見せてくれて嬉しくて悲しくて寂しかったです。そして最後まで盛り上げてくれました。今年はいつになくあっという間にシーズンも終わってました。
 
ECHOさま。コメントありがとうございます。
今シーズン、鈴鹿が(ひとまず)最後、ミハエルの引退、アロンソの2連覇、スーパーアグリの参戦、ホンダの優勝など、本当に中身の濃い1年でした。全18戦も短く感じましたね。
来シーズンはどんな戦いになるのか? 今から本当に楽しみです。
これからもよろしくお願いします。

TBありがとうございました☆
ミハエル・・とうとう引退してしまいましたね。
でも今シーズンの走りを見る限りまだまだいけるのでは?と思ってしまいます。
ミハエルの今後が気になります。
そしてF1は一時代が終わり来年からがどうなるのか楽しみです^^
すずかパパのお名前は某掲示板で良く拝見しております。
これからも宜しくお願いします。
偶然ですが我家の長男も「拓矢」と言います。
娘の誕生の時、命名候補が「瀬菜」「鈴華」周囲の反対の結果「莉菜」(15歳)
息子の時は「秀馬」と決めてたのですが字画の問題で「拓矢」(13歳)になりました(笑)
当時流行り物の名前は駄目だと断念した「瀬菜」飛び跳ねて居なくなりそうな「秀馬」はやめろと言われて
断念した事を未だに親子して後悔しております(>_<)
二人共英雄になっちゃって・・・

これからも宜しくお願いします。
ひょっとしたら来月お会い出来るかもしれませんね(^^)
楽しみにしております。。
TBありがとうございました。
来シーズン、ミハエルがいないなんてちょっと想像つきません。
ただ、いろいろな移籍、新たな若手の台頭と見所は一杯ですね。
とても楽しみです。
また、お邪魔します。
つきまさま、コメントありがとうございます。
ここ数戦のシューマッハの走りを見ていると、”来シーズンこそはチャンピオンを”言っても良いくらいですね。
今後はフェラーリ系のポストに就くような気もしますが。
以外にロス・ブラウンの変わりに、テクニカルディレクターになってたりして。
けねりさま、コメントありがとうございます。

シューマッハ時代が終わって、来シーズンからは誰が主役になるのか? アロンソもライコネンも移籍して、時代の主役になるのは誰なのか想像できませんね。
早く来シーズンの扉が開かないか...今から楽しみです。

Dada.Silva様、コメントありがとうございます。

どこの掲示板で有名になったのかな?? 気になりますが...

一人目の「すずか」の時は、半ば生まれる前からある候補の筆頭で、ママの両親からは、「しょうがないねぇ...」とあきらめ気味でした。

二人目の場合は、女ならあきらめて普通の名前にするつもりでした。しかし男の子だったので、前から好きな感じだった”琢”の文字を使用して、ただし、”磨”は難しく、小学生でもなかなか書くことが出来ないと思ったので、比較的簡単な”也”を付けて”琢也”となりました。
これまた両親からは「やっぱりねぇ...」と、またまたあきらめ気味でした。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします。







トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

F1最終戦ブラジルGP決勝結果

FIA Formula 1 World ChampionshipBrazilian GP決勝結果はこちらレポートはこちらレポートはこちらF1最終戦ブラジルGP予選結果

ブラジルGP 地上波実況大団円編

地上波、放送がぁー、、、、なんでダイバスター?? 見やなあかんねん?!    や

ブラジルGP

母国GPで優勝したマッサ V2達成のアロンソ ラストレースでFL出したM・シュー

F1 ブラジルGP 決勝

ブラジルGP 決勝

F1最終戦ブラジルGP、チャンピオン決定

F1第18戦ブラジルGP、優勝F.マッサ(フェラーリ)、2位F.アロンソ(ルノ

第18戦ブラジルGP 皇帝M.シューマッハの最後のレース

M.シューマッハは、セナというスターを失ってからF1界の人気を支えたひとりだ。そ

ブラジルGP 決勝

ブラジルGP 決勝 :リザルト ・ファステストラップ ・ラップチャート ※セクター別ファステスト比較 BrazilGP_ファステスト.htm

2006 第18戦 ブラジルGP 決勝

1st:F マッサ 2nd:F アロンソ 3rd:J バトン 表彰台は80年代生


Copyright © すずか ねっと All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog