アクセス数
プロフィール

すずかパパ

  • Author:すずかパパ
  • 【すずか】
    10歳の女の子です。小学4年生になりました。食物アレルギーのアトピーで通院中です。

    【たくや】
    6歳の男の子。毎日 幼稚園に元気よく通ってます。

    【パパ】
    モータースポーツ大好き、この歳になっても野球を続けているサラリーマンです。

    【ママ】
    毎日、子供達の世話に奮闘中。
月別(表示数指定)
CATEGORY+
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

コメント ありがとう!!
データ取得中...
リンクしました
ブログ内検索
RSSフィード

2007.01.15    カテゴリ:  F1 

   【F1】 フェラーリ  ニューマシンF2007を発表


2007年フェラーリの新車が発表になりました。例年になく早い時期での発表です。やはり昨年からあまりレギュレーションが変わっていない影響でしょうか?

フロント部分は、昨年の248F1とそれほど変わっていないように見えます。リアもあまり変わっていないように見えますが、写真で見る限りサイドポットのくびれが、248F1に比べても小さいように見えます。
写真での公開でしたが、リア部の写真はありません。リア部分の空力パーツはこれから色々と着いてくると思いますが、マシン全体の印象としては、きれいに仕上がっているように見えます。


一番大きな変更箇所は、マシンのカラーリングだと思います。
タバコ広告禁止に伴って、マルボロが消えました。さらにボーダフォンがマクラーレンに移ったために、全体のイメージが変わりました。
フェラーリレッドは変わりありませんが、フロントウイングに白いラインが引かれるなど、カラーリングでの苦労が見られます。

チームとしてはK.ライコネンが加入し、テクニカルディレクターもロス・ブラウンから変わりました。
新生フェラーリとして、2007年は3年ぶりのチャンピオン奪還となるのでしょうか?


続きでは、フェラーリ新車発表に関連するニュースを紹介します。



【M.シューマッハ フェラーリグッズ】  楽天 フェラーリ コレクション



フェラーリ  ニューマシンF2007を発表

070115_02.jpg
 F1世界選手権に参戦するフェラーリの53代目マシン、F2007が製造された。

 フェラーリの通し番号で658となるシャシープロジェクトは、チームの2007年に向けたテクニカルレギュレーションの解釈を象徴している。より厳格なフロントおよびリアクラッシュテストの導入、さらにドライバーの立場から側面の保護を備えるための複合材料システムの追加といった、主に安全性に関する変更が施されているのだ。これらの修正は10kg弱のマシン重量の著しい増加につながった。

 2006年スペックマシンの248F1と比較すると、F2007シャシーは著しい修正が施されている。デザインは主にエアロダイナミクスの点から、主な概念革新を示す新しいフロントサスペンションを適応させるために修正された。サイドポットとその開口部の形も、クーリングシステムの修正に基づいて改良されている。さらに、それらは車体上部のラジエーターの出口を意味しており、エンジンの空気吸入口も大幅に違ったものである。また、F2007のホイールベースは248F1よりも長い。

 今年もカーボンファイバーで製造されたギアボックス枠の形をより生かすため、マシン後部ははるかに狭くなっている。縦方向に取り付けられたギアボックス自体には、革新的なクイックシフトシステム(7速ギア+リバース)を設置。リアサスペンションは248F1と似通っているが、2007年スペックタイヤの挙動に対する理解で進展したことに基づいたシステムを最大限に生かすため、この分野には重要な開発プログラムが計画された。フロントおよびリアの空力形状は、開幕前に大幅な変更があると予想される。サイドミラーの位置は248F1と変わっておらず、排気装置システムも同じく変更はない。

 今年から実施されるレギュレーションに従い、エンジンの基礎構造は昨シーズン末と同じものである。つまり、056エンジンは耐荷重性となり、こちらも縦方向に設置されたままだ。レギュレーションで可能と認められたものに基づき、以下の修正が2006年10月にFIAに承認されたエンジンに施されている。

● エンジン回転数が1万9000に制限されるため、燃焼室、バルブ、吸気口、排気チェンバーはトルク曲線の最適化を施した。
● ピストンとピストンピン、およびピストンのクーリングジェットは、エンジンが1万9000rpm(毎分回転数)で走った時の信頼性をできる限り最高に近づくよう目指した。
● 流体系(水とオイル)とコンポーネントは、新車への056の適応を促進する。

 従来どおり、完全なマシンのデザインおよび開発段階には、テクニカルパートナーが重要な役割を果たしている。燃料と潤滑油に関してはシェルが、シミュレーションシステムの使用ではフィアット・リサーチ・センターが、ブレーキングシステムの開発にはブレンボの協力を得た。慣習に従い、使用する材料のパフォーマンスと最適化、設計段階における品質管理、業績水準を最大限にし、かつ安全性のできるだけ高い標準を保障するための努力に多くの配慮がなされている。


【シャシー】
カーボンファイバー・ハニカムコンポジット構造
フェラーリ製縦置きギアボックス
差動制限装置
電子制御セミオートマチック
コントロールド・ギアボックス - クイックシフト
ギア数:7速+リバース
ベンチレーテッド・カーボンファイバーディスク・ブレーキ
サスペンション:独立プッシュロッド/トーションスプリング(フロントおよびリア)

全長: 4545mm
全幅: 1796mm
全高: 959mm
ホイールベース: 3135mm
フロントトレッド: 1470mm
リアトレッド: 1405mm
冷却水、オイル、ドライバーを含んだ重量: 600kg
ホイール(フロントおよびリア): 13インチ


【エンジン】
タイプ: 056
気筒数: 8
シリンダーブロック:アルミ鋳造製Vアングル90°
バルブ数: 32 ニューマティック・ディストリビューション
合計置換: 2398cm3(立方センチメートル)
ピストンボア: 98mm
重量: 95kg未満
マネッティ・マレリ製デジタルエレクトロニックインジェクション
マネッティ・マレリ製デジタルエレクトロニックイグニッション
燃料: シェルVパワーULG62
潤滑油: シェルSL-0977



K.ライコネン  「F2007はとても美しいマシン」

070115_03.jpg
 K.ライコネンは、2007年にマクラーレンからフェラーリにスイッチしたのは正しい決断であると主張すると共に、新車F2007を早くドライブしてみたいと語った。

「とてもいい形で受け入れてもらえ、すごく嬉しい」とライコネン
フェラーリにいるのは素晴らしい気分で、過去と比較したいとは全く思わないよ。ストーリーが全然違うからね。つまり、マラネロは、僕が思っていたとおりのところなんだ」

「僕がこれまでのキャリアで経験してきたこととは、ここではすべてが違う。チームはとても温かく僕を迎え、歓迎してくれた。フェラーリに行こうと決めたのは、正しい決断だったと思う」

 ライコネンはまだF2007をドライブしておらず、実際に走らせてみなければはっきりしたことは言えないとは言うものの、マシンを見た時の印象はよく、早くドライブしたいと語っている。
「F2007はファクトリーで見ただけなんだが、とても美しいね。明日コースで走るのを見たら、とても興奮すると思う。2007年にはマシンもタイヤも変わるが、僕には自分の仕事のやり方があり、それを新しい環境に合わせていきたいと思う」

「チームもマシンもメソッドも変わったことはこれまでもあり、いくらか経験はある。ここではみんな全力で仕事にあたっているけれど、よりリラックスした雰囲気だ。僕にとって完璧な環境だよ」

「ニューシーズンが始まるのが待ちきれない。すごくチャレンジングなシーズンになると思うけど、僕らはタイトル獲得を目指して、やる気十分だ」




アルミホイール初心者の方へ必見!

簡単にホイールが探せる!買える!

取扱ホイールは3,500点以上!






  • 今年もよろしくお願いいたします。
  •  Benjamin 
  • 2007.01.18 00:50  
  •  [ 編集 ]
F1情報サイト Red-5の管理人・Benjaminです。
いつもこっそり拝見させていただいております。
さて,本記事にTBしたら,エラーが返ってきてしまうので,
代わりにコメントさせていただきました。

今年もよろしくお願いいたします。
Benjaminさま、こんばんは。
TBのエラーは不明ですが、申し訳ありません。ここ最近、FC2のブログへのアクセスが遅いようにも感じますので、もしかしたらサーバー側でのトラブルの可能性もあります。

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フェラーリF2007

フェラーリが今年を闘うマシン、F2007を発表した。(F1-LIVE.com) Ferrari World:http://www.ferrariworld.com/home.html


Copyright © すずか ねっと All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog