アクセス数
プロフィール

すずかパパ

  • Author:すずかパパ
  • 【すずか】
    10歳の女の子です。小学4年生になりました。食物アレルギーのアトピーで通院中です。

    【たくや】
    6歳の男の子。毎日 幼稚園に元気よく通ってます。

    【パパ】
    モータースポーツ大好き、この歳になっても野球を続けているサラリーマンです。

    【ママ】
    毎日、子供達の世話に奮闘中。
月別(表示数指定)
CATEGORY+
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

コメント ありがとう!!
データ取得中...
リンクしました
ブログ内検索
RSSフィード

2007.03.14    カテゴリ:  F1 

   【F1】  スーパー・アグリ 新スポンサーとともにSA07をついに公開!


ついに発表されました。スーパー・アグリの2007年新車です。
SA07と付けられましたが、正直なところ、やはりホンダRA106に似ているような感じがします。

フロント形状は、クラッシュテスト不合格の影響や、シャシー問題などでオリジナリティが出ているような感じがしますが、サイドからリアにかけてはRA106とほぼ同じ形状に見えます。

と言っても、私も素人なので、実際のマシンを見ると違うかもしれませんが...

佐藤琢磨くんのコメントでも、かなり期待できるコメントをしています。琢磨くんって正直なコメントをすると思います。ダメなときはダメ、良いときは良いと。なので今回のコメントを見ると、もしかしたら本当に期待できるのかもしれません。

しかし、何を言っても、開幕戦オーストラリアがSA07のデビューでもあり、ある意味”ぶっつけ本番”です。まずは完走を目標でしょうね。
そしてシーズン中盤には、ポイント圏内まで来ていればと思います。


続きでは、新車発表に関する記事を紹介します。



【佐藤琢磨 キャップ シャツなど 】  楽天 スーパー・アグリ コレクション



スーパー・アグリ  新スポンサーとともにSA07をついに公開!

070314_02.jpg
 スーパー・アグリF1チームは14日、開幕戦の舞台であるオーストラリア・メルボルンでニューマシン、SA07を発表した。

 昨年までの曲線を多用したカラーリングから、直線的なカラーリングに変わり『SSUNITED GROUP』のスポンサーロゴが目を引くSA07。基本的にはオフシーズンにテストを行った『インテリム・カー』から大きな変更は見られないが、テクニカルディレクターのマーク・プレストンはこのマシンについて、
「パワートレーンに関しては2006年に使ったものを継続して使うので、全く同じだ。空力面ではウイングや他の空力デバイスが変更された。その他のほとんどの部分は同じままだ。ラジエターのパッケージングや電子系統も昨年とほとんど変わらない」と説明している。

070314_03.jpg
 鈴木亜久里チーム代表はこの待望のニューマシンについて、
「ウインターテストの期間はSUPER AGURI F1 TEAMにとってとてもいいものだった。SA07の新しいパーツの信頼性の評価など、予定していたことはほとんど終えることができた。時間と予算の関係でできないこともたくさんあったが、それを考えても、ここメルボルンに持ってくることができたマシンにはとても満足している」と現状で作り上げたマシンに期待を寄せている。

 また、このマシンを駆りSAF1での2シーズン目に挑む佐藤琢磨は、
「今のチームの状況を考えると、これまでの進歩にはとても満足しているし、マシンの開発状況やチームの雰囲気にも満足している」とコメント。
また、新たにチームに加わったA.デビッドソンも、
「僕の目標は1年を通してマシンを改善していくことと、シーズンの終盤にはポイント争いの戦いができるようになっていること。個人的な目標としては、最後のレースをぼくの最高のレースにしたい。1年を通して常に自分を向上させていきたい」とSA07で戦うシーズンに期待をよせている。

070314_04.jpg
 また、マシンには新たに大きなスポンサーロゴが見受けられる。この『SS UNITED GROUP』は中国の石油会社で、マシンのフロントウイング、サイド等に大きくロゴが貼られていることから、メインスポンサーと考えていいだろう。また、新たにイギリスのスピーカバス社とレース用インターコムについてスポンサー契約を結んだことも発表されている。

「去年の今頃は、まだグリッドに2台のマシンを並ばせるために奮闘していた。初めての年で、チームにとってはすべてが新しい経験だった。今年はシーズン前に準備を行うことができ、チームの誰もがスタートを待ちきれない気分でいる。ぼくは琢磨とアンソニーが再び共に働き、SAF1チームで彼らの最高のパフォーマンスを見せてくれることを楽しみにしているし、シーズン開幕戦からポイント獲得を目指す。シーズン末にはグリッドの中程にマシンが並ぶようにしたいというのがぼくの目標であり、これは現実的な目標だと思っている。また、このスタートの段階からファンの皆さんがぼくたちに声援を送ってくれることを願っている」と今週末からの開幕戦、そして2年目のシーズンに向け抱負を語る鈴木亜久里代表。



(スーパーアグリF1 プレスリリース)

SUPER AGURI F1 TEAMがSA07をメルボルンで発表

070314_05.jpg
成功裏に冬のテストプログラムを終了したSUPER AGURI F1 TEAMの鈴木亜久里チーム代表とドライバーの佐藤琢磨とA.デビッドソンだが、今日、チームはオーストラリア・メルボルンのアルバートパーク・サーキットのF1パドックで2007年シーズンを戦うSA07を発表した。

SA07は、昨年チームが急遽準備した初めてのF1カーであるSA05の開発プロセスの延長として作られたニューマシンだ。誕生からわずか15ヶ月のチームにとって、新車導入は重要な一歩でもある。SA07はチーフデザイナーのピーター・マックールが率いるSAF1チームのデザイン部門とホンダの栃木研究所が8ヶ月をかけて共同開発したものだ。ウインターテストでは数々のデザインコンセプトを検証し、ホンダが開発した新しいパワートレーンの信頼性向上のためのテストを行ってきた。

新しいホンダのホモロゲーションエンジンによって、SAF1チームのパワーと信頼性は大きく前進する。これによってチームのパフォーマンスは向上し、新ルールと安定性重視のこの時期にコンペティティブなエンジンが登場することになる。カーボン・ギヤボックスもホンダから提供されるパッケージのひとつで、重量配分がよりフレキシブルに行えるようになり、統合性も改善される結果、信頼性も向上するというメリットがある。

070314_06.jpg
FIAのクラッシュテストはSA07の開発過程における大きなチャレンジとなった。ノーズボックスのデザインを大幅に変更しなければならなかったし、リヤ中央のディフューザーのデザインにもエアロダイナミシストが頭を痛めることになった。リヤの衝撃構造がダウンフォースに与える影響を最低限に抑える方法を見つけるために、チームは研究に膨大な時間を費やした。その結果、V8エンジンが生む空力効率とブリヂストン・ポテンザタイヤのコンビネーションが効率の良いリヤのダウンフォースを生み、これが2007年のチームのカギを握る要素となった。

SAF1チームはウインターテストで新しいブリヂストン・ポテンザタイヤの特徴を示す多くのデータを得ており、これにより2006年よりも準備が整った体勢でレースに挑むことができる。2007年シーズンを前にこのような良い一歩を踏み出したSAF1チームは、精鋭のみの戦いが許されるF1の一員として確かな地位を築き上げることを目指す。向上した信頼性とタイヤへの深い理解、そして2007年ルールの下での空力への挑戦がSUPER AGURI F1 TEAMのカギを握る力となるだろう。


★鈴木亜久里 (チーム代表)
070314_07.jpg
「ウインターテストの期間はSUPER AGURI F1 TEAMにとってとてもいいものだった。SA07の新しいパーツの信頼性の評価など、予定していたことはほとんど終えることができた。時間と予算の関係でできないこともたくさんあったが、それを考えても、ここメルボルンに持ってくることができたマシンにはとても満足している。」

「琢磨は1シーズンをSAF1チームで過ごした経験があり、チームの理念やスタイル、そしてスタッフのことも良く理解している。ニューマシンがあれば、今年はもっと結果を出すことが出来るだろう。アンソニーはホンダで5年間テストドライバーを務めた経験があるので、その豊富な経験を活かしてくれると思う。F1ではまだ3レースしか経験がないが、マシンの技術面を評価する知識と経験を持ったドライバーなので、いいパフォーマンスを見せてくれると思う。」

「去年の今頃は、まだグリッドに2台のマシンを並ばせるために奮闘していた。初めての年で、チームにとってはすべてが新しい経験だった。今年はシーズン前に準備を行うことができ、チームの誰もがスタートを待ちきれない気分でいる。ぼくは琢磨とアンソニーが再び共に働き、SAF1チームで彼らの最高のパフォーマンスを見せてくれることを楽しみにしているし、シーズン開幕戦からポイント獲得を目指す。シーズン末にはグリッドの中程にマシンが並ぶようにしたいというのがぼくの目標であり、これは現実的な目標だと思っている。また、このスタートの段階からファンの皆さんがぼくたちに声援を送ってくれることを願っている」



佐藤琢磨 「全グランプリでポイントを獲得したい」

070314_08.jpg
Q: 今シーズンに備えたウインターテストのSAF1チームの成果には満足していますか?

佐藤琢磨: 昨年に比べると、本当に長いウインターテストだったね! 技術面では好調だったけれど、何でもそうだが僕たちは要求が多いので、準備時間が十分などということはあり得ない。とは言うものの、今のチームの状況を考えると、これまでの進歩にはとても満足しているし、マシンの開発状況やチームの雰囲気にも満足している。


Q: 2007年用マシンの準備は?

琢磨: とてもうまくいっている。2006年11月末の最初のウインターテストにも参加できたし、僕自身も12月末のチームのテストに参加して初めて2007年仕様のブリヂストンポテンザタイヤを経験した。マシンの開発はかなり前進して、年を越えてもその状況は継続した。バーレーンの最後のテストでも、新しい空力パッケージにもとても満足することができた。ウインターテストはとてもいい練習になったと思う。


Q: ブリヂストンポテンザタイヤで2007年のF1はどう変化しますか?

琢磨: いくらか変化はあると思うけど、様子をみるしかない。強いチームはいつも強いので、僕たちにとっては大きな変化ではないと思う。タイヤサプライヤーが1社になって、どのチームも条件は同じになるので、レースは以前より接戦になるのではないかと思う。


Q: 今年は誰と対戦することになると思いますか?

琢磨: 僕の前にいる誰か! 昨年は僕たちにとっては大きな挑戦の年で、シーズンの終わりまで特にライバルは存在しなかった。今年はもっと高いレベルで戦えるようになると思うし、グリッドの真ん中ぐらいには行きたいと思っているので、僕たちの前にいる誰かに挑戦したいと思う。


Q: アンソニー(デビッドソン)と再び一緒に仕事をするようになってどうですか?

琢磨: 本当に最高だね。アンソニーとは何年も前からの知り合いだ。2001年のイギリスF1では一緒にレースを戦ったし、皆さんもご存じの通りBARホンダではチームメイトだった。アンソニーはF1のテストの経験が豊富だし、ここ数年はサードドライバーとしてもすごいスピードを見せているので、チームにポジティブな結果をもたらしてくれると思う。コースではお互いにプレッシャーをかけ合うことを楽しむことができると思うし、それによってチームも僕たちも本当の限界点までプッシュして最高の結果を達成することができると思う。


Q: 2007年の目標は?

琢磨: 個人的にはすべてのグランプリでポイントを獲得したい。グリッドに並ぶ経験豊富なチームを打ち負かさなければならないので、現実的にはとても難しいことだが、挑戦しなければならないと思う。これが今年の僕の取り組みになるだろう。



A.デビッドソン 「1年を通して常に自分を向上させていきたい」

070314_09.jpg
Q: 今シーズンに備えたウインターテストでのSAF1チームの成果には満足していますか?

A.デビッドソン: とても満足している。信頼性も僕たちに味方したし、テストで赤旗の状況を招くようなことはこれまで一度も起きていない。それは本当に良かったと思う。他のチームはテストを中断するような事態を何度も引き起こしていたからね。特にまだ早い段階なので、これは僕たちに有利なことのひとつだと思う。ブリヂストンポテンザタイヤでの作業も大きく前進した。最初は気温が低くて、グリップも低かったので、僕たちのチームも含めて誰もが苦しんでいたが、僕たちはその状況を抜け出すことができた。今は前よりもずっと快適に運転することができる。僕は新しいタイヤに合わせて、少しドライビングスタイルを変える努力をした。パドックの誰もが同じような状況だったと思う。


Q: 2007年に向けてのマシンの準備は?

デビッドソン: 先月のバーレーンテスト最初の週に、いくつかの新しい空力パーツをテストした。冬の間にチームは空力部門を拡大していて、いくつか感心するような進歩があった。バーレーンでは特に長距離走行の時に新しい空力パッケージがタイヤの負担を軽減していることが分かった。マシンのバランスもずっと良くなった。(佐藤)琢磨がその翌週にとてもいいテストを行っていて、さらにマシンはアップグレードされている。チームはどんどん作業を進めているので、いい結果が出ると思う。


Q: ワンメイクとなったブリヂストンポテンザタイヤで2007年のF1はどう変化しますか?

デビッドソン: 一般の人の立場から考えれば何も変わらないと思う。同じメーカーのものだが、タイヤはまだ2種類ある。レースでは異なるコンパウンドのタイヤを使うので興味深い。レース中に必ずそれぞれのタイプを1セット使わなければならないんだ。これはファンにとってはいいことだと思う。もちろん、メーカー同士の“タイヤ戦争”は見られないが、F1なので、当然限界ギリギリというところまで行くだろう。昨年よりもタイヤは少しスローだが、マシンは常に改良されているし、ブリヂストンもチームを満足させるために頑張るだろう。速ければ、僕たちは満足だからね!


Q: 今年は誰と対戦することになると思いますか?

デビッドソン: 最初の挑戦相手は琢磨だ。スタートから彼にできるだけ近づいて、今年は最後まで彼と戦っていく。そして、1年が終わるころには、僕たち二人とチームの努力によってマシンが改善されていて、グリッド後方の僕たちの射程距離内にいる他のチームに挑戦できるようになっていたらいいと思う。これまでのテストのことを考えると、スパイカーやトヨタといったチームになるんじゃないかな。


Q: 再び琢磨と一緒に仕事をしてどうですか?

デビッドソン: 本当にナイスだね。ニューフェースばかりの新しいチームというのもいいが、その中に琢磨のような知り合いがいるのもいい。仕事の相性がいいというのも、以前の経験から分かっているしね。2001年のF3ではレースで戦っているし、もちろんBARホンダではチームメイトだったので、ここに彼がいるのはうれしいよ。


Q: 2007年の目標は?

デビッドソン: メルボルンでレースを完走して、チェッカーフラッグまでたどり着くことが最初の目標だ。F1ではまだ達成できていないことなので、そこから前進していきたいと思う。チームにポイントを持ち帰ることができたら、僕にとっては夢みたいな年になる。だから、僕の目標は1年を通してマシンを改善していくことと、シーズンの終盤にはポイント争いの戦いができるようになっていること。個人的な目標としては、最後のレースを僕の最高のレースにしたい。1年を通して常に自分を向上させていきたい。


070314_10.jpg 070314_11.jpg


070314_12.jpg 070314_13.jpg


070314_14.jpg 070314_15.jpg




すこしの手間で、ムダな出費は減らせる!









トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スーパーアグリF1チームが2007年を戦うマシーンSA07を発表した!!

スーパー・アグリ、『SA07』を正式発表 リリースによればクラッシュテストに苦労


Copyright © すずか ねっと All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog