アクセス数
プロフィール

すずかパパ

  • Author:すずかパパ
  • 【すずか】
    10歳の女の子です。小学4年生になりました。食物アレルギーのアトピーで通院中です。

    【たくや】
    6歳の男の子。毎日 幼稚園に元気よく通ってます。

    【パパ】
    モータースポーツ大好き、この歳になっても野球を続けているサラリーマンです。

    【ママ】
    毎日、子供達の世話に奮闘中。
月別(表示数指定)
CATEGORY+
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

コメント ありがとう!!
データ取得中...
リンクしました
ブログ内検索
RSSフィード

2007.03.20    カテゴリ:  F1 

   【F1】  第1戦 オーストラリアGP 日曜日 決勝


大忙しの週末から復活しました。
ずいぶんと遅くなりましたが、F1が開幕です。と言っても3日目です。

決勝はフェラーリライコネンがポール・トゥ・ウィンです。
2位はマクラーレンのアロンソ。やはり今シーズンもこの二人の争いになるのか?
3位にはルーキーのハミルトンが入りました。昨シーズンのロズベルグのような期待を持てる新人です。ロズベルグと違うところは、頭が良さそうです。クレバーな走りをしている感じです。

ルノーは、予選同様にパットしません。替わりにBMWが予選から好調です。

ホンダは大変です。バトンはズルズルと順位が落ちて、バリチェロは何とか11位に入りました。
スーパー・アグリは、ピットでのミスもあり佐藤琢磨が12位。
一番心配なことは、ホンダもスーパー・アグリもファステストラップが下位に沈んでしまってます。タイヤの問題かもしれませんが、レースペースが上がらなければ、順位も上がりませんよね。

今シーズンのF1。1戦だけですが、やはり昨シーズン同様、抜きつ抜かれつのレースではなさそうです。ピット戦略が順位を決めるレースが多く観られそうです。


続きでは、決勝レポートを紹介します。



【M.シューマッハ フェラーリグッズ】  楽天 フェラーリ コレクション



第1戦 オーストラリアGP 日曜日 決勝レポート

070320_02.jpg
 2007年F1世界選手権 第1戦 オーストラリアGP決勝が18日(日)日本時間12時、現地時間14時からメルボルン、アルバート・パーク・サーキットで行われた。

 前日に行われた予選で、ポールポジションを獲得したのは、フェラーリのK.ライコネン。チームメイトのF.マッサは予選Q2でギアボックスにトラブルが発生し、タイムを出すことができなかった。そのマッサは、今朝エンジン交換を行ったため、最後尾の22番グリッドからスタートした。

 注目のスタートは11番グリッドのA.デビッドソン(スーパー・アグリ)がスタートに失敗し、大きく順位を落とした。前日の予選でチーム初、自身初となるQ3進出を果たした佐藤琢磨は、10番グリッドから順調にスタートし、一時トヨタのJ.トゥルーリをかわし9番手に上がったシーンもあった。

070320_03.jpg
 世界中から注目が集まったオーストラリアGPで、優勝を果たしたのはフェラーリのK.ライコネン。ポール・トゥ・ウインで見事フェラーリ移籍初のレースを制した。

 F.アロンソ(マクラーレン)が2位に入り、3位にはマクラーレンのルーキードライバーのL.ハミルトンが入った。

 以下入賞は、4位N.ハイドフェルド(BMWザウバー)、5位 G.フィジケラ(ルノー)、6位マッサ、7位N.ロズベルグ(ウィリアムズ)、8位R.シューマッハ(トヨタ)となっている。

 トヨタのJ.トゥルーリは惜しくもポイントならずの9位。

 17番グリッドからスタートしたHonda Racing F1のR.バリチェロは11位まで順位を上げてレースを終えた。同じくJ.バトンは途中ピットレーンでのスピードオーバーのためドライブスルーペナルティが科せられ、15位という結果。

 注目が集まったスーパー・アグリ佐藤琢磨は、12位。一方、デビッドソンは16位だった。

 第2戦、赤道直下で行われる灼熱のマレーシアGPは4月6日(金)日本時間11時、現地時間10時からフリー走行1回目が行われる。

070320_04.jpg


1 K.ライコネンフェラーリ)     1:25:28.770 215.893km/h
2 F.アロンソ (マクラーレン)      +7.242 215.589km/h
3 L.ハミルトン (マクラーレン)     +18.589 215.113km/h
4 N.ハイドフェルド (BMW)      +38.763 214.274km/h
5 G.フィジケラ (ルノー)        +1:06.469 213.131km/h
6 F.マッサ (フェラーリ)        +1:06.805 213.117km/h
7 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)     +1Laps
8 R.シューマッハ (トヨタ)       +1Laps
9 J.トゥルーリ (トヨタ)        +1Laps
10 H.コバライネン (ルノー)       +1Laps
11 R.バリチェロ (ホンダ)        +1Laps
12 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)      +1Laps
13 M.ウェーバー (レッドブル)      +1Laps
14 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)     +1Laps
15 J.バトン (ホンダ)          +1Laps
16 A.デビッドソン (スーパー・アグリ)  +2Laps
17 A.スーティル (スパイカー)      +2Laps
----------------------------------------------------------------
 A.ブルツ (ウィリアムズ)    48Laps  アクシデント
 D.クルサード (レッドブル)   48Laps  アクシデント
 R.クビサ (BMW)       36Laps  ギヤボックス
 S.スピード (トロ・ロッソ)   28Laps  ホイール
 C.アルバース (スパイカー)   10Laps  アクシデント

070320_05.jpg




【ファステストラップ】

1 K.ライコネンフェラーリ)    41Laps 223.978km/h 1'25.235
2 F.アロンソ (マクラーレン)    20Laps 221.178km/h 1'26.314
3 L.ハミルトン (マクラーレン)   20Laps 221.084km/h 1'26.351
4 R.クビサ (BMW)        19Laps 220.341km/h 1'26.642
5 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)   40Laps 220.140km/h 1'26.721
6 N.ハイドフェルド (BMW)    37Laps 220.138km/h 1'26.722
7 G.フィジケラ (ルノー)      18Laps 219.707km/h 1'26.892
8 F.マッサ (フェラーリ)      28Laps 219.324km/h 1'27.044
9 M.ウェーバー (レッドブル)    21Laps 218.178km/h 1'27.501
10 H.コバライネン (ルノー)     44Laps 217.951km/h 1'27.592
11 D.クルサード (レッドブル)    44Laps 217.668km/h 1'27.706
12 R.シューマッハ (トヨタ)     42Laps 217.445km/h 1'27.796
13 J.トゥルーリ (トヨタ)      45Laps 216.857km/h 1'28.034
14 R.バリチェロ (ホンダ)      17Laps 216.700km/h 1'28.098
15 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)   44Laps 216.248km/h 1'28.282
16 A.ブルツ (ウィリアムズ)     24Laps 216.197km/h 1'28.303
17 J.バトン (ホンダ)        42Laps 215.991km/h 1'28.387
18 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)    20Laps 215.747km/h 1'28.487
19 A.デビッドソン (スーパー・アグリ)41Laps 215.742km/h 1'28.489
20 A.スーティル (スパイカー)    40Laps 215.260km/h 1'28.687
21 S.スピード (トロ・ロッソ)    22Laps 214.617km/h 1'28.953
22 C.アルバース (スパイカー)    9Laps 210.022km/h 1'30.899

070320_06.jpg




【ドライバーズ・チャンピオンシップポイント】

1 K.ライコネン (フェラーリ)    10
2 F.アロンソ (マクラーレン)    8
3 L.ハミルトン (マクラーレン)   6
4 N.ハイドフェルド (BMW)    5
5 G.フィジケラ (ルノー)      4
6 F.マッサ (フェラーリ)      3
7 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)   2
8 R.シューマッハ (トヨタ)     1


【コンストラクターズ・チャンピオンシップポイント】

1 マクラーレン・メルセデス     14
2 フェラーリ            13
3 BMW・ザウバー         5
4 ルノー              4
5 ウィリアムズ・トヨタ       2
6 トヨタ              1


※同ポイントの順位はFIAによる

070320_07.jpg




■オートウェイ■




  • 今更のコメントですが・・・
  •  guwa 
  • 2007.03.23 22:48  
  •  [ 編集 ]
すずかパパさん、こんばんは。

>ロズベルグと違うところは、頭が良さそうです。

この文章に妙にウケてしまいました。ハミルトン、驚異の新人ですね!
特に意味はありませんが...
スタートでの1コーナーやピット、レース展開などをみても頭が良さそうに見えました。

ファーストドライバーがアロンソでなかったら、もしかしたら2位になっていたと思うのですが。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

F1 Rd.01 オーストラリアGP 決勝(追記あり)

以下結果が含まれています。ご注意下さい。

2007年第1戦オーストラリアGP

2007年シーズンが始まった。M.シューマッハのいないシーズンとなり、チャンピオ

F1 オーストラリアGP 決勝

オーストラリアGP 決勝

2007 Australian Grand Prix Race

決勝結果 6 Kimi Räikkönen, Ferrari 58 1:25:2...

2007F1開幕戦 オーストラリアGP/メルボルン 決勝

オーストラリアGP決勝の話です。

F1 Rd.01 オーストラリアGP 決勝(追記あり)

以下結果が含まれています。ご注意下さい。


Copyright © すずか ねっと All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog