アクセス数
プロフィール

すずかパパ

  • Author:すずかパパ
  • 【すずか】
    10歳の女の子です。小学4年生になりました。食物アレルギーのアトピーで通院中です。

    【たくや】
    6歳の男の子。毎日 幼稚園に元気よく通ってます。

    【パパ】
    モータースポーツ大好き、この歳になっても野球を続けているサラリーマンです。

    【ママ】
    毎日、子供達の世話に奮闘中。
月別(表示数指定)
CATEGORY+
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

コメント ありがとう!!
データ取得中...
リンクしました
ブログ内検索
RSSフィード

2007.05.14    カテゴリ:  F1 

   【F1】  第4戦 スペインGP 決勝レポート


やってくれました! 佐藤琢磨が参戦2年目で初ポイントをスーパー・アグリにプレゼント!! 鈴木亜久里代表も思わぬ快気祝いとなりました。
予選ではマシントラブルでQ2落ちとなりましたが、決勝ではトラブルもなく順調に周回を重ねて、最後はピットアウトしてきたルノーのフィジケラとピット出口で交錯しましたが、ギリギリで交わして、そのままチェッカー。8位1ポイントですが、優勝したかのような喜びようでした。1コーナーでフィジケラを抜いたのを分かったときは涙が出て前も見えにくい状況だったそうです。レース中でも感極まるとは、もし優勝するときはどうなるのでしょうか?
デビッドソンも11位完走でしたが、スタートのミスがなければ、もう少し上位に食い込めたかもしれません。

一方でホンダは...やってくれました同士討ち...
あればバトンが無理をして突っ込んだ結果なのでしょうが、レーシングアクシデントとしてもチームメイトでの接触は、今シーズンのホンダの調子を表しているような気がします。

トヨタも少し残念な結果でした。いきなりのトゥルーリのストップ。ラルフも接触。トゥルーリは完走しましたが、ラルフは接触によるダメージでリタイヤとなりました。

スタートでのマッサとアロンソの攻防は、マッサが押し出したような形でしたが、これもレーシングアクシデントなのでしょうか。アロンソからすると「マシン半分は前に出ていたのに...」って感じでしょうね。

ライコネンはフェラーリらしからぬマシントラブルでした。3位をがっちりとキープしていただけに、悔しいリタイヤでしょうね。ポイントランキングでも一歩後退です。

すっかり第3のチームとなったBMWですが、今回はハイドフェルドに運がなかったようです。しかし今回のようなピットでのミスを無くさないと、本当にトップチームにはなれないでしょうね。しかしキッチリとクビサが4位にはいるところは、やはり実力はありますね。

2位に入ったハミルトンは4戦連続で表彰台を獲得しました。とうとうドライバーズポイントで単独トップに立ちました。ルーキーでありながら頭の良い走り方です。次戦のモナコやアメリカなどの難コースでの走りにも期待が持てます。

マッサは2戦連続での優勝。ライコネンが少しもたついているので、一人で燃えている感じがしますが。

次戦はモナコです。モナコマイスター無きモナコを制するのは誰なのでしょうか?


続きでは、決勝速報結果を紹介します。



【佐藤琢磨 キャップ シャツなど 】  楽天 スーパー・アグリ コレクション



第4戦 スペインGP 決勝レポート

070514_02.jpg
 F1第4戦スペインGPの決勝がサーキット・デ・カタルーニャを舞台に行われ、フェラーリのF.マッサが2戦連続のポール・トゥ・ウィンを飾った。2位はマクラーレンのL.ハミルトン。母国GPのF.アロンソは3位となった。

 レースウィークに入ってから天気に恵まれたサーキット・デ・カタルーニャの天候は決勝日も快晴、気温29度、路面温度47度、湿度39%というコンディション。14万7000人の超満員の大歓声に包まれる中、スペインGPのフォーメーションラップが午後2時(現地時間)にスタートした。フォーメーションラップを終え、各マシンがグリッドに並びスタートかと思いきや、J.トゥルーリがグリッド上でエンジンストール。トゥルーリはそのままピットへと戻りピットレーンからのスタートとなった。
 これによりもう1回フォーメーションラップに入り、レースは66周から65周で争われることとなった。

 エクストラフォーメーションラップを終え、仕切り直しとなった2回目のスタート。ポールのマッサを先頭に各車1コーナーに飛び込む中、2番グリッドからスタートしたF.アロンソが好スタートを切って、マッサを交わすかに思われたが、マッサはこれを上手く押さえる。逆にアロンソはライン取りに失敗してコースオフ! これによりアロンソは4番手に後退してしまった。その後方ではR.シューマッハとA.ブルツが接触。ラルフは緊急ピットインして再走を果たしたものの、この接触でフロントウイングを大破したブルツはリタイアとなった。
 オープニングラップを終えてトップ10はマッサ、L.ハミルトン、K.ライコネン、アロンソ、R.クビサ、N.ハイドフェルド、D.クルサード、H.コバライネン、N.ロズベルグ、R.バリチェロという順位となった。

 レース序盤はマッサが、ファステストラップを連発する速さをみせながら周回を重ねていき、8周目には2番手を走るハミルトンとの差を6.2秒にまで拡げていく。対照的にライコネンは8周目に突然のスローダウン! ライコネンはそのままガレージへ向かいリタイアとなり、チームメイトとは対照的な結果に終わった。またピットからのスタートとなったトゥルーリも同じく8周目にガレージに入り、リタイアという形でスペインGPを終えた。

 マッサはその後も速さを見せ、18周目にはハミルトンとの差を9.5秒、その後ろ3番手アロンソとの差を13.1秒として独走態勢を築く。するとマッサは19周目に1回目のピットイン。マッサはピット作業を終えコースに向かうが、その時マシンの給油口が炎上! しかしマッサはそのまま走行を継続。ノズルから漏れたガソリンが燃え上がっただけで、火は程無くして消えた。他の上位陣では20周目にクルサード、その翌周にバトンとフィジケラ、23周目にロズベルグが1回目のピットイン。24周目になると、この時トップを走っていたハイドフェルドがピットへと向かい、上位でのレース復帰に期待が掛かった。しかしハイドフェルドは焦りからか、右フロントのホイールナットがはまっていない状態で、そのままコースへ。ハイドフェルドはその翌周に緊急ピットインで修復するも大幅にタイムをロスし、一気に14番手にまで
順位を下げてしまった。

 レースの半分を終えた33周目のトップ10はマッサ、ハミルトン、アロンソ、クビカ、クルサード、ロズベルグ、コバライネン、バリチェロ、G.フィジケラ、佐藤琢磨というオーダー。マッサとハミルトンとの差は15.1秒、3番手アロンソとの差は27.3秒となり、マッサが圧倒的なリードを築く。

 その後もレースはマッサの独走状態で進み、42周目にマッサが2回目のピットイン。上位陣ではその翌周にクルサードとコバライネン、46周目に琢磨、47周目にハミルトンとクビカが2回目のピットインを行い、レースはいよいよ終盤戦へ。
 そして第3スティントもマッサの独走で突き進む中、その後方ではフィジケラと琢磨の入賞を巡る攻防戦が繰り広げられていた。すると59周目に3回ピット作戦を選択したフィジケラがピットイン。フィジケラは4.9秒と素早いピット作業で再びコースへ。しかしこの勝負の軍配は琢磨に挙がり、琢磨はピットレーン出口付近でフィジケラの横をすり抜け、8位に順位を上げることに成功!

 そしてレースは最後までミスのない走りを見せたマッサが、2戦連続のポール・トゥ・ウィンで今季2勝目を挙げた。2位にはハミルトンが入り4戦連続で表彰台を獲得。以下3位アロンソ、4位クビカ、5位クルサード、6位ロズベルグ、7位コバライネン、8位 佐藤琢磨、9位フィジケラ、10位バリチェロというトップ10だった。

 佐藤琢磨は終盤のフィジケラとのバトルを制して8位入賞。スーパー・アグリF1参戦2年目にして悲願の1ポイントを獲得した。

070514_04.jpg 070514_03.jpg


1 F.マッサ (フェラーリ)       1:31:36.230
2 L.ハミルトン (マクラーレン)    + 6.670
3 F・アロンソ (マクラーレン)     + 17.456
4 R.クビサ (BMW)         + 31.615
5 D.クルサード (レッドブル)     + 58.331
6 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)    + 59.538
7 H.コバライネン (ルノー)      + 62.128
8 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)     + 1Lap
9 G.フィジケラ (ルノー)       + 1Lap
10 R.バリチェロ (ホンダ)       + 1Lap
11 A.デビッドソン (スーパー・アグリ) + 1Lap
12 J.バトン (ホンダ)         + 1Lap
13 A.スーティル (スパイカー)     + 2Laps
14 C.アルバース (スパイカー)     + 2Laps
----------------Did not finish-------------------------
 N.ハイドフェルド (BMW)    46Laps (ギヤボックス)
 R.シューマッハ (トヨタ)     44Laps (アクシデントダメージ)
 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)   19Laps (油圧系)
 S.スピード (トロ・ロッソ)    9Laps (タイヤ)
 K.ライコネン (フェラーリ)    9Laps (電気系)
 J.トゥルーリ (トヨタ)      8Laps (燃圧)
 M.ウェーバー (レッドブル)    7Laps (トランスミッション)
 A.ブルツ (ウィリアムズ)     1Lap (アクシデント)



【ファステストラップ】

1 F.マッサ (フェラーリ)       1'22.680 14Laps
2 L.ハミルトン (マクラーレン)    1'22.876 20Laps
3 F.アロンソ (マクラーレン)     1'22.966 17Laps
4 H.コバライネン (ルノー)      1'22.980 32Laps
5 R.クビサ (BMW)         1'23.129 20Laps
6 K.ライコネン (フェラーリ)     1'23.475 7Laps
7 N.ハイドフェルド (BMW)     1'23.483 22Laps
8 D.クルサード (レッドブル)     1'23.524 18Laps
9 G.フィジケラ (ルノー)       1'23.560 57Laps
10 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)    1'23.693 60Laps
11 R.シューマッハ (トヨタ)      1'24.003 37Laps
12 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)     1'24.110 23Laps
13 J.バトン (ホンダ)         1'24.186 64Laps
14 R.バリチェロ (ホンダ)       1'24.287 16Laps
15 A.デビッドソン (スーパー・アグリ) 1'24.291 59Laps
16 A.スーティル (スパイカー)     1'25.191 57Laps
17 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)    1'25.207 18Laps
18 C.アルバース (スパイカー)     1'25.260 61Laps
19 J.トゥルーリ (トヨタ)       1'26.094 6Laps
20 S.スピード (トロ・ロッソ)     1'26.238 6Laps
21 M.ウェーバー (レッドブル)     1'26.000 4Laps

070514_05.jpg 070514_06.jpg




【ドライバーズポイント】

1 L.ハミルトン (マクラーレン)   30
2 F.アロンソ (マクラーレン)    28             
3 F.マッサ (フェラーリ)      27
4 K.ライコネン (フェラーリ)    22
5 N.ハイドフェルド (BMW)    15
6 R.クビサ (BMW)        8
7 G.フィジケラ (ルノー)      8
8 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)   5
9 D.クルサード (レッドブル)    4
10 J.トゥルーリ (トヨタ)      4
11 H.コバライネン (ルノー)     3
12 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)    1
13 R.シューマッハ (トヨタ)     1

070514_07.jpg 070514_08.jpg




【コンストラクターズポイント】

1 ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス   58
2 スクーデリア・フェラーリ・マールボロ    49
3 BMWザウバーF1チーム          23
4 INGルノーF1チーム           11
5 AT&Tウィリアムズ・チーム        5
6 パナソニック・トヨタ・レーシング      5
7 レッドブル・レーシング           4
8 スーパー・アグリF1チーム         1

070514_09.jpg 070514_10.jpg




【ドライバーコメント】

優勝  F.マッサ (フェラーリ)
070514_11.jpg
「最高だよ。これだけ接戦のレースだったから、今の気持ちはとても言葉になんかできない。スタート後のポジション争いはかなりタイトだった。多少リスクを冒したが、当然ポジションを失いたくなかったんだ。それで、彼がインに入った時に接触した。幸い、マシンにダメージはなく、あっという間に後続を引き離すことができた。セカンドスティントで状況をコントロールできるように、リードを十分築いておきたかった。思ったとおりにいったよ。F2007は素晴らしいマシンだ。でも、直近のライバルたちのように、2台とも完走できるよう、さらに改善していく必要がある。信頼性が重要だ。
次のモナコは、いくぶん運に左右される。幸運が味方してくれる必要があるんだ。重ねてミハエルにはお礼を言いたい。この何年か、ずっと僕を助けてくれたし、彼の教えは役立っている。」


2位  L.ハミルトン (マクラーレン)
070514_12.jpg
「状況は引き続き順調で、相変わらず夢の中にいるみたいだ。レース序盤はタイヤの温度がなかなか上がらず、オーバーステア気味で苦労したけれど、数周走るとすごくよくなった。でもフェリペとのギャップはすでにかなり広がってしまっていた。セカンドスティントではちょっとツイてなくてトラフィックに遭ってしまったが、そういう時もあるのは仕方がない。レースの結果には満足している。このまま毎回ポイントを上げていきたい。バーレーン以来チームはすごく頑張って作業にあたってくれた。僕らは勝てなかったけれど、両選手権をリードしているという点では満足してもいいと思う。」


3位  F.アロンソ (マクラーレン)
070514_13.jpg
「1コーナーのアクシデントで、僕が勝てるチャンスはなくなってしまった。スタートはうまくいき、フェリペのスリップに入れたので、1コーナーで仕掛けた。僕のマシンがすでに半車身前に出ていたんだが、接触してしまい、僕はアクシデントを避けるためにグラベルに出るしかなかった。お互いに完走できてラッキーだったよ。この影響で2コーナーでは僕は4位に落ちた。マシンにもダメージがあり、その後ずっとバランスが悪かった。セカンドスティントではタイヤがあまりよく機能せず、さらにタイムをロスした。でも、ソフトタイヤを使っていたとしても、結果は変わらなかっただろうけどね。」


リタイヤ  K.ライコネン (フェラーリ)
070514_14.jpg
「正直言って、すごくがっかりしているということ以外、言うことはほとんどない。スタートでハミルトンに抜かれたけれど、フェリペとフェルナンドのバトルのおかげで3番手を取り戻すことができた。いいペースで走っていたので好成績が望めたはずだが、突然電気系トラブルが起きてしまい、ガレージに戻るほかはなかった。貴重なポイントを失ったよ。でも、まだ13戦残っているので、これから挽回したい。」


8位  佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)
070514_15.jpg
「ただただ、驚くべき週末だった。チームも本当に素晴らしい仕事ぶりだった。本当に言葉が見つからない……。1年と4レースしか経っていないのに、ルノーと真っ向から戦って……、それを打ち破ってポイントを手に入れた。こんな結果は本当に期待していなかった。リーフィールドのファクトリーで働いてくれているメンバー、ホンダの栃木研究所のメンバー、スポンサー、ファン、家族、ぼくたちを支援してくれている全員に、本当に心から感謝したい。どうやって、この嬉しい気持ちを表現したらいいのか、わからない。この1ポイントはぼくたちにとって何よりも大切なものだ。本当にファンタスティックな結果だ。今回のレースは、特に第1スティントと第2スティントが厳しかった。少しスピードに苦しんだが、そのまま諦めずに走り続けた。最終スティントでマシンのバランスが戻り、ようやく全力で走ることができるようになった。ジャンカルロと戦っていたが、ぼくには前にいる彼が見えていなかったんだ。でも、ぼくのレースエンジニアが『ルノーと戦ってるんだぞ』と言い続けていたので、ひたすらアクセルを踏み続けた。ピットレーンから出てくるジャンカルロが見えた時には、ぼくの方が一瞬彼よりも速かったんだ。最高だったよ。みんな、本当によく頑張ってくれた。」

070514_16.jpg 070514_17.jpg


070514_18.jpg 070514_19.jpg


070514_20.jpg 070514_21.jpg


070514_22.jpg
070514_23.jpg




クルマ売るなら、全国600社無料一括比較のcarview愛車無料査定





  • よくやってくれました。
  •  moco 
  • 2007.05.15 11:59  
  •  [ 編集 ]
すずかパパさん、こんにちは。
琢磨やりましたねー。
この1ポイントは貴重です。
夜中に大騒ぎをしちゃいましたー(笑)
琢磨は本当にがんばりましたよね。正直、失礼ながらレースを満足に出来るマシンじゃないと思っていたのですが、そんなこともなくルノーを押さえ込むことが出来ましたから。
この調子でモナコも上位に食い込んで欲しいですね。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

F1 Rd.04 スペインGP 決勝 (追記あり)

以下決勝レース結果等あり。 

スペインGP 決勝 追記アリ□

スペインGP決勝:リザルト・ファステストラップ・ラップチャート 琢磨 ポイントゲット!!

F1 スペインGP 決勝

スペインGP 決勝

F1第4戦スペインGP決勝結果

FIA Formula 1 World ChampionshipSpanish GP決勝結果はこちらレポートはこちらレポートはこちらレポートはこちら

F1:スペインGP決勝

スペインGP決勝が終わりました。終盤は手に汗握る展開でした。結果を知りたい方は続きをどうぞ。

2007F1西班牙-琢磨激闘編

今回フジTVはアニメだけでは物足りんのか●田を投入!! めげずに歯を食いしばって


Copyright © すずか ねっと All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog