アクセス数
プロフィール

すずかパパ

  • Author:すずかパパ
  • 【すずか】
    10歳の女の子です。小学4年生になりました。食物アレルギーのアトピーで通院中です。

    【たくや】
    6歳の男の子。毎日 幼稚園に元気よく通ってます。

    【パパ】
    モータースポーツ大好き、この歳になっても野球を続けているサラリーマンです。

    【ママ】
    毎日、子供達の世話に奮闘中。
月別(表示数指定)
CATEGORY+
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

コメント ありがとう!!
データ取得中...
リンクしました
ブログ内検索
RSSフィード

2007.06.11    カテゴリ:  F1 

   【F1】   第6戦 カナダGP 日曜日 決勝


とうとう勝ちました! ハミルトンが6戦目にして初優勝です。このルーキーは開幕から表彰台を続けていて、今回のカナダGPでは表彰台の頂上に登り詰めました。
これで、誰にも文句を言わせないポイントリーダーになりましたね。


070610_02.jpg
カナダは荒れました。何と言ってもクビサのクラッシュです。あれほど「もしかして...」と思うほどのクラッシュは久しぶりです。
タダでさえエスケープゾーンが狭いモントリオールで、マシンに乗り上げるような感じでのクラッシュは本当に危険です。
某FIAの偉い方は、ストリートサーキットを推奨しているようですが、今回の事故で考え直すのではないでしょうか?
それにしても、捻挫で済んだクビサの体を守ったF1マシンは、本当にすごいですね。

070610_03.jpg
さて、もう一つの出来事としては、スーパー・アグリ佐藤琢磨が6位には言って事でしょう!!
途中、川井ちゃんの言う通りのピット戦略を見せて、そして終盤、ラルフとアロンソを続けざまにオーバーテイク。鳥肌が立ちました。
深夜で眠い目を擦りながら見ていたので、あのシーンでは一気に目が覚めました。

驚異の新人ハミルトンを追うべきドライバーは、アロンソは”自滅”、マッサはあり得ない信号無視で失格。ライコネンは何とか5いににゅうしょうしたものの追うべき立場ではない状態。
代わって2位に入ったのはハイドフェルド。僚友クビサのクラッシュの同様も見せず、確実な走りで2位フィニッシュ。3位は振り向けばブルツと言わんばかりの走りでした。「クビになるのでは?」と噂されていただけに、今回の走りはフランクさんも考え直したかもしれません。

次戦は二週連続での開催となるアメリカGP。フェラーリが得意としているインディアナポリスです。
ハミルトンが連勝するのか? チャンピオンの意地を見せるのか? フェラーリの逆襲があるのか? そして、スーパー・アグリは好調をキープできるのか? またまた深夜ですががんばってみましょうね!


続きでは、決勝レポートを結果を紹介します。


【マクラーレン グッズ】  楽天 マクラーレン コレクション



第6戦 カナダGP 日曜日 決勝レポート

 F1第6戦カナダGPの決勝がジル・ビルヌーブ・サーキットを舞台に行われ、マクラーレンのL.ハミルトンがポール・トゥ・ウインでF1初優勝を挙げた。2位にはN.ハイドフェルド(BMWザウバー)が入り今季初の表彰台を獲得。3位にはA.ブルツ(ウイリアムズ)が続いた。

070610_04.jpg
 レースウィークに入って天候に恵まれたモントリオールの天候は決勝日も快晴、気温26度、路面温度52度、湿度53%というコンディション。ギヤボックスにトラブルが見つかったためTカーで決勝に挑むこととなったC.アルバース(予選21番手)は、ピットレーンからのスタート。またH.コバライネンはエンジン交換を行なったために10グリッド降格、最後尾からのスタートとなった。

 各車一斉に1コーナーに飛び込む中、2番グリッドからスタートしたF.アロンソが1コーナーで痛恨のコースオフ! この間にN.ハイドフェルドが一つ順位を上げ2手に浮上。また7番手からスタートしたN.ロズベルグも好スタートを切って2台抜きを果たし、5番手にジャンプアップすることに成功している。しかし、その後方ではJ.バトンがスタートできずグリッド上でストップ。その後バトンはマシンを降りてピットへと戻り0周で無念のリタイヤとなっている。

 オープニングラップを終えてトップ10はハミルトン、ハイドフェルド、アロンソ、F.マッサ、ロズベルグ、K.ライコネン、G.フィジケラ、R.クビサ、M.ウェーバー、佐藤琢磨という順位となった。

070610_05.jpg
 レース序盤はハミルトンが、ファステストラップをマークする速さを見せながら周回を重ねていき、9周目には2番手を走るハイドフェルドとの差を6.4秒にまで拡げていった。そんな中、後方ではS.スピードがとA.ブルツが8コーナーで接触。この事故により左フロントタイヤが完全に曲がってしまったスピードは、コース脇にマシンを止めバトンに続きリタイアとなった。
 16周目に入るとハミルトンは、ハイドフェルドとの差を11.5秒、その後ろ3番手アロンソとの差を16.4秒として早くも別次元の速さを披露する。対照的にアロンソは1コーナーでミスを連発。19周目にはアロンソがコースオフしている間、今度はマッサがアロンソを交わして3番手に順位を上げていくという展開が繰り広げられた。20周目になるとハイドフェルドが上位陣の中で一番最初に1回目のピットイン。他の上位陣では22周目にハミルトンがピットインし再びコースへ。すると同じ周にスーティルが4コーナーでクラッシュ!
 これによりセーフティーカーが導入された。

070610_06.jpg
 24周目にピットレーンがオープンになると、マッサ、ライコネン、フィジケラ、クビカ、佐藤琢磨らが一斉にピットイン。これによりピットレーンが大渋滞という光景に。そして2周後にセーフティカーが戻りレースが再開されると、27周目にクビカが大クラッシュ! クビカはヘアピンの進入でバリアに激突した後、一回転しながらさらに反対側のバリアにヒットするという大事故を演じたものの、命に別状はないとのこと。

 これにより2回目のセーフティーカーが導入。33周目にセーフティーカーが戻りレースが再開された時点でのトップ10はハミルトン、ハイドフェルド、アロンソ、ロズベルグ、A.デビッドソン、R.シューマッハ、M.ウェーバー、マッサ、フィジケラ、佐藤琢磨というオーダー。しかしアロンソとロズベルグは1回目のセーフティカー出動中に給油を行なったとして10秒間のストップ&ゴーペナルティが科され、順位を一気に下げることとなった。

 その後レースは、ハミルトンが46周目までには2番手ハイドフェルドとの差を約7秒に拡げる展開で進んでいった。するとその翌周にハイドフェルドが2回目のピットイン。48周目にはハミルトンが2回目のピットインを行ないレースはチェッカーに向けて順調に進むと思われた。しかし50周目になるとアルバースがコースアウトした際に破損したフロントウイングの破片を撤収するために3回目のセーフティカー。さらに56周目には、最終コーナーでリウッツィがクラッシュを演じ4回目のセーフティカー導入となった。また1回目のセーフティーカー出動時に、ピットレーンの赤信号を無視したとしてマッサとフィジケラが失格となった。

070610_07.jpg
 60周目に4度目のセーフティーカーが戻り、大荒れのレースはいよいよ終盤戦に突入。この時点でのトップ8はハミルトン、ハイドフェルド、ブルツ、コバライネン、ライコネン、アロンソ、R.シューマッハ佐藤琢磨というオーダー。そしてレースはその後も安定した走りでハミルトンがトップでチェッカーを受けF1デビューから6戦目にして、嬉しい初優勝を挙げた。

 4度のセーフティーカー導入、10台のマシンがリタイアとなった波乱のカナダGPの決勝を終え、優勝はハミルトン、2位ハイドフェルド、3位ブルツ、4位コバライネン、5位ライコネン。そして6位にはレース終盤にR.シューマッハとアロンソを立て続けにオーバーテイクする見事な走りを披露した佐藤琢磨、以下7位アロンソ、8位R.シューマッハ、9位ウェーバー、10位ロズベルグというトップ10だった。


1 L.ハミルトン (マクラーレン)    1:44:11.292
2 N.ハイドフェルド (BMW)     + 4.300
3 A.ブルツ (ウィリアムズ)      + 5.300
4 H.コバライネン (ルノー)      + 6.700
5 K.ライコネン (フェラーリ)     + 13.000
6 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)     + 16.600
7 F.アロンソ (マクラーレン)     + 21.900
8 R.シューマッハ (トヨタ)      + 22.800
9 M.ウェーバー (レッドブル)     + 22.900
10 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)    + 23.900
11 A.デビッドソン (スーパー・アグリ) + 24.300
12 R.バリチェロ (ホンダ)       + 30.400
---------------Did not finish--------------------
 J.トゥルーリ (トヨタ)     58Laps (アクシデント)
 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)  54Laps (アクシデント)
 C.アルバース (スパイカー)   47Laps (アクシデント)
 D.クルサード (レッドブル)   36Laps (ギアボックス)
 R.クビサ (BMW)       26Laps (アクシデント)
 A.スーティル (スパイカー)   21Laps (アクシデント)
 S.スピード (トロ・ロッソ)   8Laps (アクシデント)
 J.バトン (ホンダ)       0Lap (ギアボックス)
 G.フィジケラ (ルノー)     (失格)
 F.マッサ (フェラーリ)     (失格)

070610_09.jpg 070610_08.jpg




【ファステストラップ】

1 F.アロンソ (マクラーレン)     1'16.367 46Laps
2 L.ハミルトン (マクラーレン)    1'16.494 37Laps
3 N.ハイドフェルド (BMW)     1'16.696 19Laps
4 F.マッサ (フェラーリ)       1'16.849 22Laps
5 K.ライコネン (フェラーリ)     1'16.861 21Laps
6 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)    1'17.156 42Laps
7 G.フィジケラ (ルノー)       1'17.411 22Laps
8 R.クビサ (BMW)         1'17.529 19Laps
9 M.ウェーバー (レッドブル)     1'17.618 47Laps
10 R.シューマッハ (トヨタ)      1'17.910 38Laps
11 A.ブルツ (ウィリアムズ)      1'17.947 67Laps
12 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)     1'18.035 47Laps
13 H.コバライネン (ルノー)      1'18.368 67Laps
14 R.バリチェロ (ホンダ)       1'18.543 62Laps
15 A.デビッドソン (スーパー・アグリ) 1'18.780 36Laps
16 D.クルサード (レッドブル)     1'18.981 19Laps
17 J.トゥルーリ (トヨタ)       1'19.092 12Laps
18 C.アルバース (スパイカー)     1'19.254 21Laps
19 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)    1'19.375 9Laps
20 A.スーティル (スパイカー)     1'19.452 20Laps
21 S.スピード (トロ・ロッソ)     1'20.092 6Laps

070610_10.jpg 070610_11.jpg




【ドライバーズポイント】

1 L.ハミルトン(マクラーレン)     48
2 F.アロンソ(マクラーレン)      40
3 F.マッサ(フェラーリ)        33
4 K.ライコネン(フェラーリ)      27
5 N.ハイドフェルド(BMW)      26
6 G.フィジケラ(ルノー)        13
7 R.クビサ(BMW)          12
8 A.ブルツ(ウィリアムズ)       8
9 H.コバライネン(ルノー)       8
10 N.ロズベルグ(ウィリアムズ)     5
11 D.クルサード(レッドブル)      4
12 佐藤琢磨(スーパー・アグリ)      4
13 J.トゥルーリ(トヨタ)        4
14 R.シューマッハ(トヨタ)       2

070610_12.jpg 070610_13.jpg




【コンストラクターズポイント】

1 ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス  88
2 スクーデリア・フェラーリ・マールボロ   60
3 BMWザウバーF1チーム         38
4 INGルノーF1チーム          21
5 AT&Tウィリアムズ・チーム       13
6 パナソニック・トヨタ・レーシング     6
7 レッドブル・レーシング          4
8 スーパー・アグリF1チーム        4


070610_14.jpg 070610_15.jpg




【ドライバーズコメント】

優勝  L.ハミルトン(マクラーレン)
070610_16.jpg
「本当に気持ちが舞い上がっている。F1で初めて勝つことができたんだ。今の気持ちを表現する言葉は見つからないよ。チームは素晴らしい仕事をしてくれた。ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスのファミリーであることが本当に嬉しい。
いいスタートを決めて、特別素晴らしい形ではなかったけれど、1コーナーを無事に抜けられた。僕の周囲には混乱はなかったので、気持ちを冷静に保って集中していった。友人のロバートがクラッシュの後無事でよかった。ギャップを広げるたびにセーフティーカーが出るような感じで、また一からやり直さなければならなかった。あと数周というところになってやっと、勝てるんだと思えた。ファンが応援してくれているのが聞こえ、フィニッシュラインを越えた時には最高の気分だった。
これからも集中していい仕事をしていかなければならない。ここまではF1のキャリアを素晴らしい形でスタートできているが、これから厳しいシーズンが待ち受けていることは分かっている。
最後に、マクラーレンとメルセデス・ベンツのチーム全員に感謝したい。彼らは懸命にマシンの改良に取り組んでくれた。これほど素晴らしいチームの一員として走れることを心から嬉しく思う。」


2位  N.ハイドフェルド(BMWザウバー)
070610_17.jpg
「なによりも、ロバートが無事だったことが嬉しい。僕らは表彰台に立つことを願ってはいたけれど、それでも3位だろうと予想しており、2位なんて考えてもいなかった。何度もセーフティーカーが出たし、フェルナンドにペナルティーが科せられたりしたが、そうではなく普通のレースだったとしても、2位に入れた可能性は高いと思う。だからこそ満足しているよ。フェルナンドを引き離し、ピットストップの後もギャップを築けたことは予想外だった。
マシンの開発を進めてくれたチームに心からお礼を言いたい。今週末にはさまざまなトラブルがあり、特に土曜はひどかったので、最後の最後まで自分たちの強力さには確信が持てなかった。自分のペースを見て、本当に自分が思っているとおりのペースなのかどうか、チームに確認したよ。素晴らしいレースだったが、最高だったのは、スタートでフェルナンドの前に出て、ルイスのスリップストリームに入った時だ。最初は後ろのフェルナンドのことが心配だったけれど、そのうちにマシンをきちんとコース上にとどめて走らせることに集中した。とても難しい状況だったからね。」


3位  A.ブルツ(ウイリアムズ)
070610_18.jpg
「自分のF1デビュー10周年に表彰台に上がれるなんて、夢みたいだ。厳しい週末だった。後方からのスタートだったので、きついレースだった。でも、諦めずに全力でプッシュしたよ。
大混乱のレースだったが、マシンは素晴らしく、チームの戦略はすべて当たり、すべての出来事をきちんと伝えてくれた。ドライビングでもミスはなく、レース終盤にはグレイニングの問題にも悩まされなかったので、プライムタイヤのコバライネンを押さえきることができた。スピードと接触してリヤウイングにダメージを負うというアクシデントもあったけれど、チームは、無事にレースを続行できると判断した。でも、あのアクシデントの後は、ダウンフォースと直線スピードが低下してしまった。」


6位  佐藤琢磨(スーパー・アグリ)
070610_19.jpg
「素晴らしい週末だった。今回のレースではさまざまな出来事があった。クビカのことは本当に心配だったが、彼の無事を聞いてホッとしている。F1のセーフティチームに心から感謝したい。
あのアクシデントの後、ぼくはレースに再び集中した。激しい戦いとセーフティカーの導入が渾然一体となったレースになったけれど、ぼくたちの戦略が成功した。ある時はセーフティカーが導入になった直後のチャンスを見計らってピットインすることができた。ピットレーンがまだ開いていたんだ。チームも状況を把握していて、すぐに対応してくれた。最後の数周は最高の気分だった。トップ集団と戦うことができたし、自信を持ってオーバーテイクして、ポジションを取り戻すことができた。
ぼくのこれまでのレースキャリアの中でも最高に素晴らしい日だったし、本当に素晴らしいリザルトを手に入れることができた。チームのメンバー、そしてぼくたちを支援してくれているすべての人々に心から感謝したい。」



株式会社オートウェイ




トラックバック有難うございます。
凄い新人が現れたものですね。ハミルトンVSアロンソ  楽しみです。

話は変わりますが、すずかちゃん可愛いですね。思わずうちの子(高校3年生)の幼稚園時代を思い出してしまいました。

自転車速く乗れるようになるといいですね。うちのオネーチャンはゆるい傾斜地で足こぎと合わせて何度かやっているうちに自然にのれてしまいました。すずかちゃん乗り物好きそうだし一度漕ぎ出してしまえば・・・親もびっくりするくらい簡単に乗りこなしてしまいますよ。
(と言いつつ下のボクちゃん(小学6年生)は自転車に全く興味なくつい最近やっと乗れるようになったとこですが・・・)




コメントが遅くなり申し訳ありません。
ハミルトン 本当にすごいですね。アロンソも翻弄されているんじゃないでしょうか。

自転車って乗れるようになったら、どんどん乗れるようなのですが、乗りこなすまでは時間がかかるようです。
「緩い傾斜地」 これも良い作戦ですね。でもここ最近は、前回最後に転けた後遺症か? 自転車乗るのを少し怖がっているようです。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2007F1加奈陀-琢磨激闘編

2007F1カナダGP 地上波録画途中終了号泣編 陽光に包まれ、マクラーレン美し

2007F1亜米利加-睡魔強襲編

2007F1アメリカGP-睡魔急襲退屈編 いやーぁ、バンクはいい。スペクタクル!


Copyright © すずか ねっと All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog