アクセス数
プロフィール

すずかパパ

  • Author:すずかパパ
  • 【すずか】
    10歳の女の子です。小学4年生になりました。食物アレルギーのアトピーで通院中です。

    【たくや】
    6歳の男の子。毎日 幼稚園に元気よく通ってます。

    【パパ】
    モータースポーツ大好き、この歳になっても野球を続けているサラリーマンです。

    【ママ】
    毎日、子供達の世話に奮闘中。
月別(表示数指定)
CATEGORY+
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

コメント ありがとう!!
データ取得中...
リンクしました
ブログ内検索
RSSフィード

2007.07.23    カテゴリ:  F1 

   【F1】  第10戦 ヨーロッパGP 日曜日 決勝レポート


機能に続いて、今日も大変なレースでした。
ハミルトンが出走できることになったので、予選10位ながらも、どこまで挽回するのか? そしてライコネン、アロンソ、マッサの3人のレースはどのような展開になるのか? 楽しみにしていたのですが。

それにしても、FIA発表の天気予報って、結構あたるんですね。「○分後に雨」って言う表示の後、ほぼそれくらいに雨が降ってくるんですから。

マッサは怒ってましたねぇ。でもこれがレースですから、当てられたぐらいで表彰台で怒っちゃダメ・ダメ(古っ!!)

佐藤琢磨はテレビに映ることもなくリタイヤしてました。映ったときには、マシン降りてましたから。油圧系トラブルとのことですが、次戦のハンガリーはテクニカルコースだけに上位に入るチャンスですから、万全になって帰ってきて欲しいですね。

※7/23 コメント・レポート更新

続きでは、決勝レポートと結果を紹介します。


【マクラーレン グッズ】  楽天 マクラーレン コレクション



第10戦 ヨーロッパGP 日曜日 決勝レポート

 F1第10戦ヨーロッパGPがニュルブルクリンクを舞台に行われ、大雨による大混乱となったレースはF.アロンソが制し、モナコ以来となる今季3勝目を手にした。2位はF.マッサ(フェラーリ)、3位にはM.ウェーバー(レッドブル)となった。

 決勝日のニュルブルクリンクの天候は曇り、気温19度、路面温度31度、湿度56%というコンディション。予選で大クラッシュを演じレースに出場するか注目の集まっていたL.ハミルトンは、FIAの医師団からレース出走許可が下り、無事に10番グリッドからレースに挑むこととなった。

 14時(現地時間)にフォメーションラップがスタートすると小雨が降るコンディションとなるも、予定通りレースはスタート。各車一斉に1コーナーに飛び込む中、3番グリッドからスタートしたF.マッサがF.アロンソをアウトから抜いて2番手に浮上することに成功。続く2コーナーに入るとBMWザウバーの2台がチームメイト同士で接触し、その間10番グリッドからスタートしたハミルトンが、一時は4番手にまでジャンプアップした。すると突然、サーキットには激しく雨が降り始め、オープニングラップを終えた全車が一斉にピットへ向かいウェットタイヤに交換していく。しかしここでトップを走っていたライコネンが痛恨のミス。ピットレーンに入ったもののコーナーを曲がりきることができず、タイヤ交換は翌周に持ち越しとなり順位を下げる結果に。するとその間、レースをピットレーンからスタートし、予めウェットを選択していたビンケルホックがなんとトップに浮上することとなった。

 その後も雨足はさらに強くなって、コース上は川のような状態となり、J.バトン、ハミルトン、S.スピード、A.スーティル、V.リウッツィらが次々と1コーナーでコースオフを演じレースは大混乱となった。これによりセーフティーカーランとなったものの、コンディションはいっこうに回復せず。結局、赤旗が出されレースは中断。すると今度は、サーキットに陽が射しはじめ青空が広がるという、なんとも気まぐれな天候に。再びレースの行方を左右することとなった。
 レース中断4周目時点でのトップ10はビンケルホック、マッサ、アロンソ、ウェーバー、クルサード、H.コバライネン、K.ライコネン、A.ブルツ、R.バリチェロ、G.フィジケラというオーダー。

 14時35分(現地時間)ピットレーンオープン。セーフティカー先導によるローリングスタートでレース再開となった。
 2周のセーフティーカーの先導の後、7周目に改めてスタートが切られると、ビンケルホックはみるみる抜かれていき、10周目までには16番手にまで順位を下げていった。この時点でのトップ8はマッサ、アロンソ、ウェーバー、クルサード、コバライネン、ライコネン、フィジケラ、バリチェロという順位。すると11周目にライコネンがピットインし、ドライタイヤに交換。するとその翌周にマッサ、アロンソ、ウェーバーのトップ3台、また15周目までには全ドライバーがドライタイヤへの交換を済ませ、レースは落ち着きを取り戻していった。

 その後レースはマッサがミスの無い走りを披露し、25周目までには2番手アロンソとの差を4.8秒、いち早くドライに換えたことで3番手にまで順位を上げたライコネンとの差は5.8秒とし、レースをリードしていく。またマッサと4番手を走るウェーバーとの差は20秒以上に拡がり、レースは上位3台による三つ巴の争いが展開されることとなった。
 しかし、34周目に入るとライコネンが突然のスローダウン! これによりライコネンはリタイアとなり3連勝ならず。ポールからのスタートだったために悔しい結果となった。37周目になるとアロンソがピットイン、その翌周にはマッサも3回目のピットインを行い、波乱のレースもようやく終盤戦へ。

 しかし、レースもいよいよ残り8周となったところで、またしても雨が降り始め、各マシンが一斉にピットに向かいウェットタイヤを装着、小雨の中での戦いとなった。すると一気にペースの上がったアロンソが瞬く間にマッサに迫り激しくプッシュし続ける。すると55周目にアロンソが6コーナーでマッサをオーバーテイクし、遂にトップに立った。その後アロンソは危なげない走りを披露し、そのまま60周を走破。モナコ以来となるトップチェッカーを受けて今季3勝目、通算18勝目を挙げた。2位には8.1秒差でマッサ、3位にはレッドブルのウェーバーが続いた。以下4位ブルツ、5位クルサード、6位ハイドフェルド、7位クビカ、8位コバライネン、9位にはレース序盤にコースオフを喫したものの、その後再走を果たしたハミルトン、10位フィジケラというトップ10だった。


1 F.アロンソ (マクラーレン)    2:06:26.358
2 F.マッサ (フェラーリ)       + 8.155
3 M.ウェーバー (レッドブル)     + 1:05.674
4 A.ブルツ (ウィリアムズ)      + 1:05.937
5 D.クルサード (レッドブル)     + 1:13.656
6 N.ハイドフェルド (BMW)     + 1:20.298
7 R.クビサ (BMW)         + 1:22.415
8 H.コバライネン (ルノー)      + 1Lap
9 L.ハミルトン (マクラーレン)    + 1Lap
10 G.フィジケラ (ルノー)       + 1Lap
11 R.バリチェロ (ホンダ)       + 1Lap
12 A.デビッドソン (スーパー・アグリ) + 1Lap
13 J.トゥルーリ (トヨタ)       + 1Lap
------------------Did not finish-----------------------
 K.ライコネン (フェラーリ)    34Laps (油圧系)
 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)    19Laps (油圧系)
 R.シューマッハ (トヨタ)     18Laps (アクシデント)
 M.ビンケルホック (スパイカー)  13Laps (油圧系)
 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)   2Laps (スピン)
 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)   2Laps (スピン)
 S.スピード (トロ・ロッソ)    2Laps (スピン)
 A.スーティル (スパイカー)    2Laps (スピン)
 J.バトン (ホンダ)        2Laps (スピン)



【ファステストラップ】

1 F.マッサ (フェラーリ)       1'32.853 34Laps
2 F.アロンソ (マクラーレン)     1'33.231 35Laps
3 L.ハミルトン (マクラーレン)    1'33.401 29Laps
4 K.ライコネン (フェラーリ)     1'33.904 32Laps
5 A.ブルツ (ウィリアムズ)      1'34.235 33Laps
6 D.クルサード (レッドブル)     1'34.316 48Laps
7 N.ハイドフェルド (BMW)     1'34.354 49Laps
8 M.ウェーバー (レッドブル)     1'34.449 29Laps
9 R.クビサ (BMW)         1'34.451 49Laps
10 J.トゥルーリ (トヨタ)       1'34.496 29Laps
11 H.コバライネン (ルノー)      1'34.603 48Laps
12 G.フィジケラ (ルノー)       1'34.893 48Laps
13 A.デビッドソン (スーパー・アグリ) 1'35.282 46Laps
14 R.バリチェロ (ホンダ)       1'35.632 37Laps
15 R.シューマッハ (トヨタ)      1'36.195 18Laps
16 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)     1'37.401 18Laps
17 M.ビンケルホック (スパイカー)   1'42.783 13Laps
18 J.バトン (ホンダ)         2'20.041 2Laps
19 A.スーティル (スパイカー)     2'25.798 2Laps
20 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)    2'50.950 2Laps
21 S.スピード (トロ・ロッソ)     3'01.900 2Laps
22 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)    3'22.300 2Laps



【ドライバーズポイント】

1 L.ハミルトン (マクラーレン)    70
2 F.アロンソ (マクラーレン)     68
3 F.マッサ (フェラーリ)       59
4 K.ライコネン (フェラーリ)     52
5 N.ハイドフェルド (BMW)     36
6 R.クビサ (BMW)         24
7 G.フィジケラ (ルノー)       17
8 H.コバライネン (ルノー)      15
9 A.ブルツ (ウィリアムズ)      13
10 M.ウェーバー (レッドブル)     8
11 D.クルサード (レッドブル)     8
12 J.トゥルーリ (トヨタ)       7
13 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)    5
14 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)     4
15 R.シューマッハ (トヨタ)      2
16 J.バトン (ホンダ)         1
17 S.ベッテル (BMW)        1


【コンストラクターズポイント】

1 ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス 138
2 スクーデリア・フェラーリ・マールボロ  111
3 BMWザウバーF1チーム        61
4 INGルノーF1チーム         32
5 AT&Tウィリアムズ・チーム      18
6 レッドブル・レーシング         16
7 パナソニック・トヨタ・レーシング    9
8 スーパー・アグリF1チーム       4
9 ホンダ レーシングF1チーム       1



【ドライバー コメント】

●優勝 F.アロンソ (マクラーレン)
「ドライバーにとってもファンにとっても、すごくエキサイティングなレースだったね。信じられないようなコンディションで、特にスタート直後はどこを走ってもアクアプレーニングがひどかった。ドライコンディションではフェラーリ勢が少し速かったけれど、終盤雨がまた降り始めた時は僕らの方が速かったので、フェリペを抜いてトップに立つことができた。バトルしている時に2度接触したけれど、それがモーターレーシングだ。僕らは優勝をかけて争っていたんだからね。最後のピットストップの時、ひやっとする場面があった。ピットレーンがかなり込み合っており、ジャンカルロとサイド・バイ・サイドになったんだ。全体的に僕にとってはいい週末だった。自分にとってもチームにとっても貴重な選手権ポイントを手に入れることができたからね。難しいコンディションだったけれど、チームは素晴らしい仕事をしてくれた。」

●2位 F.マッサ (フェラーリ)
「後味の悪い2位だよ。終盤に雨が降るまでは強力なレースをしていたが、レインタイヤを履いたとたんにバイブレーションを感じ、マシンがとてもアンバランスになってしまった。レース序盤のウエットコンディションではとても好調だったのにね。ドライではマシンが素晴らしかったので、アロンソとの差を広げていくことができた。スタート後、ほとんど走れないようなコンディションになったが、なんとかコースにとどまることができてラッキーだった。終盤はあまりラッキーではなかったね。でもレースとはそういうものなので、受け入れるしかない。フェルナンドとの議論について? ちょっと興奮してしまったが、彼が謝ってくれたので、もう済んだことだ。いい面は、ドライバーズ選手権で上位にかなり近づけたことだよ。シーズンはまだまだ先が長いし、自信を持ってやっていかなければならないね。」

●3位 M.ウェーバー (レッドブル)
「表彰台に上ることができ、今日は僕らにとって特別な1日になった。チームは陰で努力を続けてきており、それが報われた。デビッドも5位に入り、ポイントを取ることができて最高だ。スタートはうまくいかず、雨が予想よりかなり早く降り始めた。とっさの決断を強いられ、インターミディエイトでいったが、雨はかなり激しくなり、アクアプレーニングが本当にひどかった。FIAは正しい決断を下し、セーフティーカーを出動させ、その後レースを中断させた。グルーブドタイヤで長く走り、後方とのギャップを築いた。ただ、ミドルスティントではリヤタイヤがちょっと厳しかったね。キミのリタイアは嬉しくなかったとは言えないね。終盤になって、もう大丈夫だと思い始めたけれど、また雨が降り始めた時には、なんてこった、と思ったよ。最後にリヤタイヤからものすごいバイブレーションを感じて、アレックスに接近されてしまった。」

●9位 L.ハミルトン (マクラーレン)
「普通じゃない週末で、僕にとっては新しい経験だった。いいスタートを決めて6位になり、BMWの2台がコースオフしていたので4位に上がった。でもパンクをしてピットインせざるを得なかった。そのチャンスを利用してレインタイヤに換えたのだが、コースがあまりに滑りやすくてコースオフしてしまった。エンジンをとめないようにして、クレーンに助けてもらった。ニュルブルクリンクのマーシャルには感謝しているよ。その後赤旗が出てレース中断となった。リスタート後は順位を挽回するために全力でプッシュしたけれど、ほぼ1周遅れでは、他のドライバーが不運に見舞われない限り、順位を上げるのは無理だよね。ファイナルラップでルノーを抜いて9位になったけれど、ポイントは取れなかった。」

●リタイア K.ライコネン (フェラーリ)
「すごくがっかりしている。フェリペとアロンソのすぐ後ろのいいポジションにいたし、マシンはとても速かったので、勝てると信じていた。でもハイドロリックシステムに徐々に異常が現れ始め、タイムが落ちていって、マシンをとめるしかなかった。また残りレースがひとつ減ってしまったけれど、今回のショックで戦いを諦めるような気持ちにはなっていない。ポイントリーダーとの差は変わっていないし、あと7戦あるので、何があるか分からないよ。マシンはとてもコンペティティブだけど、信頼性を強化しなければならないね。」

●リタイヤ 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)
「ドライタイヤで雨の中を走ることになったが、スタートは本当に楽しかったよ。いくつもポジションを上げることができて、その周の終わりには10位を走っていた。しかし、ドライタイヤで走り続けるには雨が強くなりすぎたので、次の周回にピットインしたのだけれど、その後、レッドブラッグが出てしまった。再スタートでも、ぼくたちはまあまあのスピードのようだったが、残念ながら油圧系のトラブルが発生して、ぼくはレースをリタイアすることになった。本当に残念だ。」




ドレスアップカー用品専門店 DECCA




  • 怒っちゃダメダメですよね。
  •  haru 
  • 2007.07.25 07:28  
  •  [ 編集 ]
おはようございます。
マッサが怒るのもわかるけど、怒ったところでという感じです。さらに上機嫌のアロンソに謝られて、怒りの持っていき場がないような。
月並みな言い方ですけどレース上で借りを返さなきゃならないですね。
また来ます。
こんばんは。
アロンソもレース後にマシンを指さして、すこし挑発的な態度でしたが、表彰台で文句言っちゃダメですよ。フェラーリ地元のイタリアのメディアからも批判的な記事が掲載されていたようですから、haruさんと同じ意見で、サーキットで借りを返せみたいな感じでしょうねぇ...
こちらからも遊びに行かせてもらいますね!!






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

F1GP2007ヨーロッパ

FMotorsports F1 - Nifty リンク先には結果あり。 地上波で観戦予定の際は留意されたし。 後ほど追記予定。

ヨーロッパGP日曜決勝

ネタバレありなんで、続きから読んでってください。また右にあるアンケートにも答えてくれたら嬉しいなぁ。

ヨーロッパGP日曜決勝

ネタバレありなんで、続きから読んでってください。また右にあるアンケートにも答えてくれたら嬉しいなぁ。

ヨーロッパGP日曜決勝

ネタバレありなんで、続きから読んでってください。また右にあるアンケートにも答えてくれたら嬉しいなぁ。

ヨーロッパGP日曜決勝

ネタバレありなんで、続きから読んでってください。また右にあるアンケートにも答えてくれたら嬉しいなぁ。

2007F1 第10戦 ヨーロッパGP/ニュル

ネタバレがあるのです。

2007F1 第10戦 ヨーロッパGP/ニュル

ネタバレがあるのです。

2007F1歐羅巴-豪雨晴天豪雨編

2007F1ヨーロッパGP-豪雨晴天豪雨編 えー、むちゃむちゃな雨です。 バトン

2007F1 第10戦 ヨーロッパGP/ニュル

ネタバレがあるのです。


Copyright © すずか ねっと All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog