アクセス数
プロフィール

すずかパパ

  • Author:すずかパパ
  • 【すずか】
    10歳の女の子です。小学4年生になりました。食物アレルギーのアトピーで通院中です。

    【たくや】
    6歳の男の子。毎日 幼稚園に元気よく通ってます。

    【パパ】
    モータースポーツ大好き、この歳になっても野球を続けているサラリーマンです。

    【ママ】
    毎日、子供達の世話に奮闘中。
月別(表示数指定)
CATEGORY+
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

コメント ありがとう!!
データ取得中...
リンクしました
ブログ内検索
RSSフィード

2007.09.17    カテゴリ:  F1 

   【F1】  第14戦 ベルギーGP 日曜日 決勝


忙しさは続いていて、F1もゆっくり見る時間もなかなか無いのですが、今回のベルギーは何とか見ることが出来ました。

と言っても、マクラーレンの失格問題が出て、今シーズンのF1がどのように変わるのか? 少し気になっていたのですが。あまり関係なかったようです。

戦前の予想通り、フェラーリの強さだけが見えたレースでした。マクラーレンが遅すぎたわけではなくて、フェラーリが強かったと思います。
少し気になるのはハミルトンの不調。絶不調ではないのですが、それでも前半戦のような速さが見られません。予選を通じて速さがないような気がします。
決して、あの事件以降、ハミルトンに何かがあったわけではないと思いたいのですが...

レースは今回も淡々と進んで、ピットでの作戦もこれと言って変わったこともなく、ライコネンがポール トゥ フィニッシュ。マッサが続いて、ライコネンのチャンピオン争いのお手伝い。
アロンソは何とか3位に入ったと言った感じです。
しかし、ライコネンはトップはミルトンと13ポイントまで迫ってきました。アロンソは2ポイントと射程圏内に入れてきました。
ライコネンは1戦も落とせない状況は変わりませんが、ハミルトンもリタイヤでもすると一気に逆転の可能性もありますから、うかうかしてられませんね。
コンストラクターズはフェラーリで決まりです。

日本勢は、佐藤琢磨が本家ホンダのバトンをオーバーテイクするなどのシーンを見せてくれましたが、結局は15位完走。山本左近も17位完走。母国GP前に粘りを見せたと言ったところでしょうか。
それにしてもトヨタとホンダは大丈夫でしょうか? トヨタは木村拓哉を使ったコマーシャルをしてるくらいなので、富士では一矢報いるかな?

さて、次は日本GP 初開催の新生 富士スピードウェイです。私も18年ぶりの日本GPを家のテレビでの観戦となります。今回は涼しいところで、すずかとたっくんと一緒に観ようかと思っています。


続きでは、決勝レポートと結果を紹介します。


【M.シューマッハ フェラーリグッズ】  楽天 フェラーリ コレクション




第14戦 ベルギーGP 日曜日 決勝レポート

 F1第14戦ベルギーGPが16日、スパ・フランコルシャンを舞台に行われ、フェラーリのK.ライコネンがポール・トゥ・ウィンで今季4勝目を手にした。2位はチームメイトのF.マッサが続きフェラーリがワンツー。3位はF.アロンソ(マクラーレン)となった。

 今シーズンのヨーロッパでの戦いも、これが最後の1戦となったF1GP。レースウィークに入ってから天候に恵まれているスパ・フランコルシャンの決勝日の天候は曇り、気温21度、路面温度32度、湿度55%というコンディション。またG.フィジケラ(予選11番手)は予選後にエンジン交換をしたため、ペナルティにより最後尾からのスタートとなったが、Tカーに乗り換えてピットからの出走。またA.デビッドソンもピットレーンから決勝に挑むこととなった。

 レースがスタートし、K.ライコネンを先頭に各車一斉に1コーナーに飛び込む中、4番グリッドからスタートしたL.ハミルトンが1コーナーでコースアウト! ハミルトンは無事にコースに復帰するも、その後オー・ルージュにアロンソとサイド・バイ・サイドで突入するという展開が繰り広げられていった。
 オープニングラップを終えてトップ8はライコネン、F.マッサ、アロンソ、ハミルトン、N.ロズベルグ、H.コバライネン、M.ウェーバー、N.ハイドフェルドというトップ8のオーダー。しかしその後方では、1周目を終えフィジケラが早くもピットへ。フィジケラはそのままガレージへ入りルノーは今季初のリタイアとなった。

 レース序盤はライコネンが1分48秒台のファステストラップを連発していきながら周回を重ねていき、13周目までには2番手を走るマッサとの差を5.0秒、3番手アロンソとの差は10.1秒とし、好調なペースで2番以下を早くも引き離しに掛かる。また14番手からスタートしたクビカも6台抜きを果たし、ポイント獲得圏内の8位にまで順位を上げる好走を見せていった。14周目になると、ロズベルグとウェーバーが上位陣の中で最初に1回目のピットイン。15周目にはライコネン、アロンソ、クビカの3台。その翌周にマッサとハミルトンと上位陣が次々と1回目のピットストップを行っていく。そして1ピット作戦を選択したコバライネンが上位陣の中で一番最後に(22周目)1回目のピットインを行い、上位フィニッシュを目指してコースに復帰。

 レースの約半分を終えた23周目のトップ8はライコネン、マッサ、アロンソ、ハミルトン、ハイドフェルド、ロズベルグ、ウェーバー、クルサードという順位。ライコネンとマッサの差は4.8秒、3番手アロンソとの差は16.6秒にまで拡がり、圧倒的なリードを築いたフェラーリ勢の完全な独走状態となっていった。

 その後レースは落ち着きを見せ、30周目になるとロズベルグが2回目のピットイン。他の上位陣ではその翌周にライコネンとウェーバー、32周目にマッサ、33周目にアロンソとクビカ、34周目にハイドフェルド、37周目にハミルトンが2回目のピットインを行い、レースはいよいよチェッカーに向けて残り7周の戦いとなった。

 その後もライコネンは最後まで完璧な走りでトップでチェッカーを受けて今季4勝目、通算13勝目を挙げた。2位にはマッサが続きフェラーリがモンツァでの雪辱を果たすワンツーフィニッシュ。3位アロンソ、4位ハミルトンでアロンソがハミルトンとのポイント差を2点に縮めた。以下5位ハイドフェルド、6位ロズベルグ、7位ウェーバー、8位コバライネンというトップ8だった。

 またスーパー・アグリの佐藤琢磨は31周目にJ.バトンをオーバーテイクする走りを披露し15位、デビッドソンも16位でフィニッシュし2台揃って完走。山本左近も17位でレースを終え3戦連続で完走を果たした。

 今季のF1も残り3戦。いよいよ次戦は富士スピードウェイで行われる日本GP。注目のフリー走行1回目は28日の午前10時からスタートする。


1 K.ライコネン (フェラーリ)     1:20:39.066
2 F.マッサ (フェラーリ)       + 4.695
3 F.アロンソ (マクラーレン)     + 14.343
4 L.ハミルトン (マクラーレン)    + 23.615
5 N.ハイドフェルド (BMW)     + 51.879
6 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)    + 1:16.876
7 M.ウェーバー (レッドブル)     + 1:20.639
8 H.コバライネン (ルノー)      + 1:25.106
9 R.クビサ (BMW)         + 1:25.661
10 R.シューマッハ (トヨタ)      + 1:28.574
11 J.トゥルーリ (トヨタ)       + 1:43.653
12 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)    + 1Lap
13 R.バリチェロ (ホンダ)       + 1Lap
14 A.スーティル (スパイカー)     + 1Lap
15 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)     + 1Lap
16 A.デビッドソン (スーパー・アグリ) + 1Lap
17 山本左近 (スパイカー)        + 1Lap
----------------Did not finish------------------
 J.バトン (ホンダ)     36Laps (油圧系)
 A.ブルツ (ウィリアムズ)  34Laps (燃圧)
 D.クルサード (レッドブル) 29Laps (油圧系)
 S.ベッテル (トロ・ロッソ) 8Laps (ステアリング)
 G.フィジケラ (ルノー)   1Lap (サスペンション)



【ファステストラップ】

1 F.マッサ (フェラーリ)       1'48.036 34Laps
2 K.ライコネン (フェラーリ)     1'48.095 12Laps
3 F.アロンソ (マクラーレン)     1'48.182 44Laps
4 L.ハミルトン (マクラーレン)    1'48.215 41Laps
5 N.ハイドフェルド (BMW)     1'48.663 33Laps
6 R.クビサ (BMW)         1'48.894 32Laps
7 J.トゥルーリ (トヨタ)       1'48.990 43Laps
8 H.コバライネン (ルノー)      1'49.600 21Laps
9 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)    1'49.769 29Laps
10 R.シューマッハ (トヨタ)      1'50.022 43Laps
11 M.ウェーバー (レッドブル)     1'50.049 12Laps
12 R.バリチェロ (ホンダ)       1'50.678 43Laps
13 V.リウッツィ (トロ・ロッソ)    1'50.730 40Laps
14 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)     1'50.886 32Laps
15 A.スーティル (スパイカー)     1'50.902 29Laps
16 J.バトン (ホンダ)         1'51.141 22Laps
17 D.クルサード (レッドブル)     1'51.156 24Laps
18 A.ブルツ (ウィリアムズ)      1'51.270 18Laps
19 A.デビッドソン (スーパー・アグリ) 1'51.391 43Laps
20 山本左近 (スパイカー)        1'51.648 30Laps
21 S.ベッテル (トロ・ロッソ)     1'52.724 4Laps



【ドライバーズポイント】

1 L.ハミルトン (マクラーレン)   97
2 F.アロンソ (マクラーレン)    95
3 K.ライコネン (フェラーリ)    84
4 F.マッサ (フェラーリ)      77
5 N.ハイドフェルド (BMW)    56
6 R.クビサ (BMW)        33
7 H.コバライネン (ルノー)     22
8 G.フィジケラ (ルノー)      17
9 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)   15
10 A.ブルツ (ウィリアムズ)     13
11 M.ウェーバー (レッドブル)    10
12 D.クルサード (レッドブル)    8
13 J.トゥルーリ (トヨタ)      7
14 R.シューマッハ (トヨタ)     5
15 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)    4
16 J.バトン (ホンダ)        2
17 S.ベッテル (トロ・ロッソ)    1


【コンストラクターズポイント】

1 スクーデリア・フェラーリ・マールボロ 161
2 BMWザウバーF1チーム       90
3 INGルノーF1チーム        39
4 AT&Tウィリアムズ・チーム     28
5 レッドブル・レーシング        18
6 パナソニック・トヨタ・レーシング   12
7 スーパー・アグリF1チーム      4
8 ホンダレーシングF1チーム      2



【ドライバーズコメント】

優勝 K.ライコネン(フェラーリ)
「最高な一日だった! 昨日の予選を終えた時点ではハンドリングに多少不安があったけれど、すべてうまくいった。レースを通してマシンの動きはとてもよかった。序盤に速かったのでその後のレースをコントロールすることができた。ここは大好きなコースだから、3回連続で勝つことができて嬉しい。今後もプッシュしていかなければならない。選手権争いはまだまだ続くし、まだ諦めてはいない。最後の最後まで頑張り続けるよ。」


2位 F.マッサ(フェラーリ)
「いいレースだった。ファーストスティントではオーバーステア気味だったので、ピットストップの際にフロントウイングを調整した。ソフトタイヤはすごく調子がよかったから、ファーストスティントでもソフトを使った方がよかったかもしれないね。でもレースをしてみなければそういうことは分からないものだ。みんなこの1-2を待ち望んでいたので、チームのためにもすごく嬉しい。選手権争いの状況は少しよくなってきた。最後まで信じて戦い続けるよ。」


3位 F.アロンソ(マクラーレン)
「スパに戻ってこられて嬉しいよ。スタートでは可能な限りインサイドのラインを守った。あいにくルイスはワイドになったが、スペースがなかったし、あそこのランオフエリアが広いことは分かっていた。僕の方がルイスより1周早くピットインする予定だったので、ファーストスティントでは僕のマシンの方が少し速いだろうと分かっていた。だから、前を走ることがかなり大事だったんだ。今日は残念なことにフェラーリが速すぎた。ファーストスティントでは、必死にフェリペのペースについていって、なんとかピットストップでポジションを上げられないかと思ったが、彼らとの差は徐々に広がってしまった。最初のピットストップの後は、もう彼らに追いつくのは無理だった。僕らはファーストセクターとラストセクターでの速さが少し足りなかったようだ。選手権争いは最後まで接戦になるだろう。ファンの皆さんが楽しんでくれるといいね。」


4位 L.ハミルトン(マクラーレン)
「マシンのフィーリングはそれほど悪くなかったが、他のコースほどうまくいかなかった。全然タイムを上げられないような感じだった。スタートはうまくいき、1コーナーでオーバーテイクをするチャンスがあると思ったけれど、フェルナンドがインサイドのラインを保っていたので、僕はワイドにならざるをえなかった。最初は“やってくれたな”と思ったけれど、世界選手権を戦っているときにはこういうことも起こるのだろうね。レース中はベストを尽くし、最初から最後までプッシュし続けた。そういう中で終盤に小さなミスも出た。でもポイントは取れたし、それが一番大事なことだ。フェルナンドとのギャップは2ポイントに縮まってしまったけれど、残り3戦、ドライバーズタイトルを勝ち取るために、全力を尽くしていくよ。」


15位 佐藤琢磨(スーパー・アグリ)
「難しい状況の中で行われたレースだったけれど、いいレースだった。スタートでいくつか順位を上げることができたが、ケメルストレートでトロロッソとサイド・バイ・サイドになった時にラインから押し出されて“グリーン”の上を走らなければならなかったので、それで大幅に勢いを失ってしまった。その後は失ったポジションを取り戻すために戦い続けなければならなかったが、楽しむことができたし、いくつかエキサイティングな場面もあった。F1にとってスパのサーキットがどれほど素晴らしいかがわかる。オーバーテイクのチャンスもあり、チャレンジングなサーキットだ。ただ、今日はスピードがなかったのが残念だったし、悔しかった。しかし、日本GPへ向かう前に、ここでいくつかポジティブな点に気付くことができたと思う。」


17位 山本左近(スパイカー)
「最初からかなりプッシュした。他のドライバーたちと同じようなペースで走れたんだ。でもソフトタイヤを履いていて、かなりアンダーステアがひどかった。最初のピットストップでハード寄りのタイヤに換え、ウイングを調整したら、マシンのバランスがずっとよくなって、その後はプッシュできるようになった。いい結果を出すことができたし、今週末はBスペックカーでどこまでやれるかが示せたので満足していいと思う。次の富士は僕にとってホームグランプリだから、レースがすごく楽しみだよ。」



【出光カードまいどプラス】年会費永久無料!入会キャンペーン中










トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © すずか ねっと All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog