アクセス数
プロフィール

すずかパパ

  • Author:すずかパパ
  • 【すずか】
    10歳の女の子です。小学4年生になりました。食物アレルギーのアトピーで通院中です。

    【たくや】
    6歳の男の子。毎日 幼稚園に元気よく通ってます。

    【パパ】
    モータースポーツ大好き、この歳になっても野球を続けているサラリーマンです。

    【ママ】
    毎日、子供達の世話に奮闘中。
月別(表示数指定)
CATEGORY+
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

コメント ありがとう!!
データ取得中...
リンクしました
ブログ内検索
RSSフィード

2008.03.16    カテゴリ:  F1 

   【F1】 開幕戦 オーストラリアGP

080316_01.jpgいよいよ、今シーズンのF1が開幕しました。

今週末はスーパーGTの開幕戦に鈴鹿へ行ってたので、F1開幕戦は録画を見ました。

オフシーズンのテストでは、やはり2強の争いが予想されましたが、予選を見てもフェラーリは少し信頼性に欠けていたんでしょうか。決勝でも(エンジンではないかもしれないが)フェラーリエンジン登載車は全滅という結果。ハミルトンも余裕の勝利でした。

追うべきチームもいなくなって、代わりにテストから好調だったウィリアムズのロズベルグが2位表彰台をゲット。中嶋一貴も(棚ぼたのような感じですが)6位入賞。少し経験不足のようですが、今後のレースが楽しみです。

少し以外だったのがBMWの走り。テストではそれほど速さが見られなかったと思ったのですが、レースはなかなかの走りだったんじゃないでしょうか。

一方で日本勢は奮いませんでした。
トヨタは速さはありそうでしたが、信頼性に難有りでしょうか? それでもクロッグは良い走りをしていたと思います。

バリチェロは結果的に失格になりましたが、上位を走行。意地悪なセーフティーカーのルールにはまってしまいました。ただ予選からも速さは足りないような感じです。

スーパー・アグリは、まだ触れない方が良いみたいですね。TV放送で今宮さんが言ってましたが、ドリンクポンプも無くて、各部品もテストをしていないもの、そして予備部品も無く苦しいシーズンの開幕となりました。

もう次週は第2戦 マレーシアです。各チームほとんど改善は無いでしょうから、オーストラリアと同じようなレースになるんでしょうか?


続きでは、決勝レポートと結果を紹介します。




【マクラーレン グッズ】  楽天 マクラーレン コレクション




 2008年 開幕戦オーストラリアGPは完走9台、チェッカーを受けたマシンは7台というサバイバルレースとなった。優勝はポール・トゥ・ウィンを決めたマクラーレンのL.ハミルトン。2位はN.ハイドフェルド(BMWザウバー)、3位には初の表彰台となったウイリアムズのN.ロズベルグが入った。

 快晴で迎えた決勝レース。現地アルバートパーク・サーキットの気温は37度、路面温度51度、風速3.8メートルのコンデションでレースはスタートした。

 注目のスタートは目立ったホイールスピンもなくきれいなスタートが切られる。1コーナーはポールのL.ハミルトンが制し、R.クビサ、H.コバライネン、さらにポジションを上げたN.ロズベルグと続いていった。一方4番手スタートのF.マッサは1コーナーでコバライネンと接触、スピンを喫しイン側のバリアにノーズをヒット、マッサはこれでピットインとなり、同じく中嶋一貴もフロントノーズを交換した。
 そして、後続ではさらに大きな接触が相次ぎ、J.バトン、M.ウェーバーを含む5台がリタイアに追い込まれている。

 オープニングラップからセーフティカー先導となったレースは、2周に渡って隊列が整えられた後にリスタート。序盤はトップのハミルトンが1分28秒台のファステストラップを重ね、2番手クビカとの差をジワジワと広げていき、14周目には1分27秒台にペースアップ。18周終わりで1回目のピットに入る頃には、暫定2番手を走っていたコバライネンにおよそ15秒のギャップを築く快調な走りを見せていった。

 レースはその後、26周目にマッサとD.クルサードが接触し、2度目のセーフティカーが出される。そのセーフティカーラン明けの31周目、1ストップ作戦で3番手につけていたライコネンが前方のコバライネンにアッタクをかけるもミス、大きくコースアウトしポジションを下げてしまう。その間、接触のマッサもスローダウンし、マシンを降りた。

 マクラーレンにとっては願ってもない展開となったレース中盤、ハミルトンは隊列から抜け出すように後方との差を再び広げにかかる。40周目を終えてレースはハミルトンが6.5秒のリードを保ち、コバライネン、ハイドフェルド、ロズベルグ、R.バリチェロ、S.ブルデー、クビカ、F.アロンソ、中嶋一貴、グロック、ライコネンの全11台を従える。

 トップのハミルトンは43周を終え、2回目のピットイン。この間トップに立ったコバライネンがレース中のファステストラップを刻んだ。45周目には9番手のグロックがコースオフを喫しコース上で単独クラッシュ、今レース3度目のセーフティカーが出動となった。

 大荒れ模様となったレースは残り10周で三度スタート。ハミルトンは一人危なげない走りでチェッカーを目指すが、後方ではここから波乱が続出する。ローリングスタートを前に各車が間隔を図る中でクビカと中嶋が接触、2台は緊急ピットインとなり、クビカはリタイアに。3度目のセーフティカー中、ピットクローズにも関わらず給油を行ったバリチェロには10秒ペナルティが下る。
 さらに残り6周あたりからはライコネンにエンジントラブルが発生し、スロー走行後にマシンはストップ、フェラーリ2台が全滅すると、そのフェラーリエンジンを積むトロ・ロッソのブルデーも4位走行中の残り2周でエンジンから白煙、こちらもチェッカーを受けることは叶わなかった。

 17時08分、ようやくこのサバイバルレースのチェッカーが振られ、ハミルトンが結果ポール・トゥ・ウィンで今シーズンの初優勝を飾った。2位はハイドフェルド、3位にはデビュー以来初となるウイリアムズのN.ロズベルグが表彰台を獲得した。

 以下、4位アロンソ、5位コバライネンとなり6位バリチェロ、7位 中嶋一貴までがチェッカーを受けた。ブルデーは8位、ライコネンも9位完走扱いとなった。なお、6位フィニッシュのバリチェロは最後のピットアウトの際に、赤ランプでコースに出てしまい、レース後に失格の裁定が下された。これにより中嶋一貴が6位に繰り上がり、7位にブルデー、ライコネンは8位で1ポイントを獲得することとなった。



R.バリチェロ 失格でポイントを失う

 オーストラリアGPで6位でフィニッシュしたホンダのR.バリチェロが、レース終盤、ピットレーン出口のレッドライトを無視したとして失格のペナルティーを受けた。

 セーフティーカー出動時にピットインしたバリチェロは、ピットレーン出口でレッドライトが点いているにもかかわらずコースイン、これがテレビの映像にも映っていた。

 バリチェロの失格により、中嶋一貴が6位、S.ブルデーが7位、K.ライコネンが8位にそれぞれ繰り上がった。



1 L.ハミルトン (マクラーレン)      1:34:50.616
2 N.ハイドフェルド (BMW)       + 5.478
3 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)      + 8.163
4 F.アロンソ (ルノー)          + 17.181
5 H.コバライネン (マクラーレン)     + 18.014
6 中嶋一貴 (ウィリアムズ)         + 1Lap
--------------Did not finish-----------------
7 S.ブルデー (トロ・ロッソ)       + 3Laps
8 K.ライコネン (フェラーリ)       + 5Laps
------------------------------------------------------
 R.クビサ (BMW)           47Laps (アクシデント)
 T.グロック (トヨタ)          43Laps (アクシデント)
 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)       32Laps (トランスミッション)
 N.ピケJr. (ルノー)         30Laps (アクシデントダメージ)
 F.マッサ (フェラーリ)         29Laps (エンジン)
 D.クルサード (レッドブル)       25Laps (アクシデント)
 J.トゥルーリ (トヨタ)         19Laps (電気系)
 A.スーティル (フォース・インディア)  8Laps (油圧系)
 M.ウェーバー (レッドブル)       0Lap (アクシデント)
 J.バトン (ホンダ)           0Lap (アクシデント)
 A.デビッドソン (スーパー・アグリ)   0Lap (アクシデント)
 S.ベッテル (トロ・ロッソ)       0Lap (アクシデント)
 G.フィジケラ (フォース・インディア)  0Lap (アクシデント)
 R.バリチェロ (ホンダ)         no time (失格)



【ファステストラップ】

1 H.コバライネン (マクラーレン)     1'27.418 43Laps
2 L.ハミルトン (マクラーレン)      1'27.452 39Laps
3 N.ハイドフェルド (BMW)       1'27.739 41Laps
4 K.ライコネン (フェラーリ)       1'27.903 20Laps
5 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)      1'28.090 41Laps
6 F.マッサ (フェラーリ)         1'28.175 23Laps
7 F.アロンソ (ルノー)          1'28.603 58Laps
8 R.クビサ (BMW)           1'28.753 15Laps
9 J.トゥルーリ (トヨタ)         1'29.310 18Laps
10 D.クルサード (レッドブル)       1'29.502 21Laps
11 S.ブルデー (トロ・ロッソ)       1'29.534 22Laps
12 T.グロック (トヨタ)          1'29.558 23Laps
13 中嶋一貴 (ウィリアムズ)         1'29.639 50Laps
14 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)       1'30.892 24Laps
15 N.ピケJr. (ルノー)         1'31.384 20Laps
16 A.スーティル (フォース・インディア)  1'32.021 8Laps



【ドライバーズポイント】

1 L.ハミルトン (マクラーレン)   10
2 N.ハイドフェルド (BMW)    8
3 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)   6
4 F.アロンソ (ルノー)       5
5 H.コバライネン (マクラーレン)  4
6 中嶋一貴 (ウィリアムズ)      3
7 S.ブルデー (トロ・ロッソ)    2
8 K.ライコネン (フェラーリ)    1


【コンストラクターズポイント】

1 ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス 14
2 AT&Tウィリアムズ          9
3 BMWザウバーF1チーム        8
4 INGルノーF1チーム         5
5 スクーデリア・トロ・ロッソ       2
6 スクーデリア・フェラーリ・マールボロ  1



【ドライバーズコメント】

優勝 L.ハミルトン (マクラーレン)
「素晴らしい気分だよ。シーズンとチャンピオンシップへのチャレンジの始まりとして、夢の様なスタートが切れた。1-2フィニッシュを飾れたらチームの努力にもっと報いることができたはずだから、表彰台にヘイキ(・コバライネン)がいなかったのは残念だったね。ニコ(・ロズベルグ)と表彰台に立つのはチームMBM(メルセデス・ベンツ・マクラーレン)で一緒にカートレースに出ていたとき以来だから、彼がここにいるのが嬉しい。レースは最初から僕がコントロールできて本当に素晴らしかったよ。安定したペースで走ることができて、しかもプレッシャーを何も感じずにいられたんだ。レースをリードしているときにそういったシチュエーションで走れるのは理想的ことだよ。セーフティカーが3回も入って全然気が抜けないレースで、僕が初めて優勝した去年のカナダみたいだと思った。何回も戦略を変えなきゃならなくて、でもその戦略はすべてうまくいったから本当に素晴らしかったよ。クルマもとても良くて、チームも見事な仕事をしてくれた。僕も今年は去年より良い準備が出来ている。この先の数カ月間、僕とチームが一生懸命に努力し続けることがとても重要なんだ。」


2位 N.ハイドフェルド (BMW)
「僕らのシーズンの始まりとしては素晴らしいスタートだね。今年の初めにF1.08に出た問題点を取り除くために、チームは本当に一生懸命やってくれた。僕らは持続的な進歩を遂げてきたけど、まだクルマのポテンシャルの全てを出しきれていない。スタートではホイールスピンしすぎてしまって、ニコ・ロズベルグを抑えることができなかった。彼の方が先にピットに入ると予測していたから、これは難しいレースになるだろうと思ったよ。結局同じ周で入ったんだけど僕らのクルーが本当に素晴らしい仕事をしてくれたおかげで彼の前に出ることができた。2回目のピットストップのときはセーフティカーが入っていなかったから計画どおりに給油ができて、それはラッキーだったね。最後のスティントではオプションタイヤをダメにしないように気をつけて走った。トラクションコントロールなしのレースは思っていたよりも難しくなかったよ。」


3位 N.ロズベルグ (ウィリアムズ)
「本当に本当にハッピーだよ。F1の表彰台に上がるのはすごく気持ちの良いことだね。表彰台は久しぶりだけど、この結果は冬の間すごく頑張ってくれたチームにとっても素晴らしい結果だよ。彼らはとても良い仕事をしてくれて、チームは本当に向上した。今日は自分のすべてを出せたものの、このストリートサーキットでのレースはすごくタフで、この暑さも助けにはならなかった。僕はこの素晴らしい結果を出せたことでチームにとても感謝しているし、チームの仕事にはそれだけの価値がある。僕もウイリアムズと一緒に成長していくんだという自信もついた。父に対しても、僕がここまで来るために彼がしてくれたすべてのことに感謝したい。クルマは安定感があって、これからさらに進化していく予定なんだけどまだシーズンも始まったばかりだから、あまり調子に乗らない方がいいかもね。」


6位 中嶋一貴 (ウィリアムズ)
「今日を終えることができて素晴らしい気分だよ。完走できて、ポイントまで獲れた。体力的には結構つらかったし色んなことが起きたよね。スタートのときは僕の前のクルマがスピンして、ノーズにダメージをもらってしまった。セーフティカーが何度も入ったけれどチームが僕の作戦を1回ストップに変更してくれて、そのおかげでポイントを獲得することができたんだ。レース終盤ではまた事故に遭遇して、またノーズにダメージを負ってしまったよ。だけど僕の体力と確実さを証明できたと思う。セパンは良く知っているコースだから期待しているよ。」


8位 K.ライコネン (フェラーリ)
「完走できなくて本当にがっかりだけど、少なくともポイントは獲れたからね。エンジンに問題が出てしまって、これから原因を見つけるための解析をするんだ。クルマは良かったし前に誰もいないときは良いペースで走れた。前のクルマを抜こうとして何度かスピンしてしまったけど、最初のグロックとのときは芝生に乗り上げてしまったからで、コバライネンのときはちょっと楽観的になりすぎてた。この結果はシーズンのスタートとして最良なものとは言えないけれどまだ先は長いし、これよりも悪いシチュエーションからだってリカバーはできる。環境を整えて、それから僕らの競争力は本当のものになるよ。」


決勝リタイヤ 佐藤琢磨 (スーパー・アグリ)
「僕らにとって難しいレースだった。スタートがうまくいかなかったけれど順位回復のために頑張って、1周目にいくつか取り戻すことができた。最初のスティントでのバトルはかなりエキサイティングだったよ。最初のピットストップ後の何周かで問題が出て、そこでリタイアすることになってしまった。みんながここまで一生懸命仕事をしてくれていただけにすごく残念だった。だけどここでは価値のある情報やデータを集めることができたから、マレーシアに行くのが待ちきれないよ。」




■Autoway■










トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © すずか ねっと All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog