アクセス数
プロフィール

すずかパパ

  • Author:すずかパパ
  • 【すずか】
    10歳の女の子です。小学4年生になりました。食物アレルギーのアトピーで通院中です。

    【たくや】
    6歳の男の子。毎日 幼稚園に元気よく通ってます。

    【パパ】
    モータースポーツ大好き、この歳になっても野球を続けているサラリーマンです。

    【ママ】
    毎日、子供達の世話に奮闘中。
月別(表示数指定)
CATEGORY+
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

コメント ありがとう!!
データ取得中...
リンクしました
ブログ内検索
RSSフィード

2010.03.12    カテゴリ:  モータースポーツ 

   骨髄バンク

2010_0312_001blog.jpg
スーパーGTなどで活躍されているアンドレ・クート選手の息子さんが、白血病を患っていることを公表されました。

ところが、辛い副作用を伴う化学療法を受けているそうで、骨髄移植でしか命を救うことはできないとのことです。


その骨髄については、家族でも合致者がいないとのことで、現在ドナー待ちとなっているとのことです。



そして、スーパーGT公式サイトやトヨタ系チーム、そしてドライバー、さらにはトヨタ以外のドライバーまでもが、骨髄バンクへの登録を呼びかけています。

 ●スーパーGT
   http://supergt.net/sp/marrowdonorprogram/
 
 ●オートスポーツ
   http://www1.as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=25397




続きを見る...






ケーズデンキオンラインショップ







でもね、みなさんは”骨髄バンク”って知ってますか?


正直なところ、私は どんなことをして、どんな手術があって、後遺症などはどうなるのか?


全く知りませんでした。



詳細は「日本骨髄バンク」というサイトで紹介されています。
 http://www.jmdp.or.jp/reg/


私もモータースポーツを愛しているファンとして、何とかしたいと思っていましたが、実際に骨髄バンクの詳細を知ってしまうと、正直なところ戸惑ってしまいました。



たしかに登録は非常に簡単です。
献血よりも少ない採血で終了。



骨髄移植については、ドナーから採取された骨髄液を通常の輸血と同じように点滴で数時間かけて患者さんの静脈から注入されます。
これも簡単というわけでもありませんが...


しかし、ドナーとなられる方は、手術室でうつ伏せになった状態で、骨盤の背中側、ベルトの位置より少し下の腸骨に、皮膚のうえから専用の針を数カ所(腸骨には左右数十カ所)刺して吸引。
採取する量は通常500?1000mLで、患者さんの体重に応じて採取量が決まります。
骨髄採取の多くは全身麻酔下で行われ、所要時間は1?3時間です。

ドナーは提供後、通常2?3日で退院し、多くの方はすぐに日常生活に戻ることができます。
退院後はコーディネーターが電話で健康状態のフォローアップを続けます。



つまり、ドナーとなった場合は、4?5日間程度の入院が必要となり、特に国からの補助(会社を休んだときの補償等)は一切ありません。



今まで、手術というものを経験したことが無い私にとっては、決して簡単な決断では出来ません。


今回の件を受けて、骨髄バンクへの登録を呼びかけている団体やチーム、そしてドライバーの皆さんも、このような内容を把握して登録を呼びかけているのでしょうか?




でも、何とかしてあげたい気持ちはあります。




非常に難しい問題です...


2010_0312_002blog.jpg








JIN's GLOBAL STANDARD オンラインショップ











トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © すずか ねっと All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog